音楽・芸能・声優・ダンスの専門学校
ESPエンタテインメント福岡

音楽芸能スタッフ科
PUBLIC ADDRESS & RECORDING

PA&レコーディングコース

昼間部 / 夜間部

PAとレコーディングを学び、
マルチなサウンドエンジニアへ。

>めざす未来

PAエンジニア
主に音響会社に所属し、ライブ、コンサートや舞台などのPAオペレートを担当します。会社に所属せずにフリーランスとしても活躍できます。
レコーディングエンジニア
主にレコーディングスタジオに在籍し、歌や演奏の録音及び編集を担当します。会社に所属せずにフリーランスとしても活躍できます。
テレビ音声スタッフ
テレビ番組の音声収録、編集及び音響効果を担当します。「音効さん」や「音声さん」などと呼ばれる事が多いです。

カリキュラム

PAオペレート
定番のアナログミキサーから最新のデジタルミキサーの使用方法を学び、幅広い知識と技術を身につけます。
Pro Tools
レコーディングスタジオを使用して、マイキングなどの機材セッティング方法を学ぶとともに、Pro Toolsのオペレート技術を習得します。
スタッフワーク
他のスタッフと連携し仕込みから本番までを想定した流れの中で、マイキング、回線チェックやオペレートなどのPAとして必要な実技能力を養います。
音響知識
音響に関する専門用語をはじめ、音の性質や特性に関する知識を学びます。
サウンドアナライズ
幅広いジャンルの曲を分析し、イコライジング、バランスや定位などのサウンドにおける特徴を学びます。

充実したカリキュラム

電気知識

発電や送電の仕組み、直流や交流など電気、電流や電源に関する知識を学びます。

音楽史

現代のポピュラーミュージックに至るまでの流行や低迷の歴史、変遷を学びます。

PC知識

Microsoft社製ソフト「Word」、「Excel」、「Power Point」の操作方法を学び、ビジネスシーンで必須となるPC技術を身につけます。

一般教養

挨拶の仕方、名刺交換の作法や正しい敬語の使い方など社会人として必要な一般常識やビジネスマナーを身につけます。

>音楽芸能スタッフ科の特徴

音楽芸能スタッフ科トップへ

>時間割例(昼間部)

※1年次の例

コースの特徴

ワールドツアーの標準機「SD-7」を導入!

多数のイベントをはじめ、実践中心の授業でPAオペレーターとレコーディングエンジニアの両立をめざします。

>PICK UP! 講師

大崎先生

とにかく考え続けることが大切。好きなことは仕事に出来うる。気合いと努力次第で。