音楽・芸能・声優・ダンスの専門学校
ESPエンタテインメント福岡

音楽アーティスト科 BASS

ベースコース

昼間部 / 夜間部

重低音を響かせ、
バンドサウンドをコントロールする。

>めざす未来

バンドベーシスト
重低音を操り演奏を陰で支えるキーマンとしてバンドの柱となる仕事。
スタジオミュージシャン
ひとりのベーシストとして演奏力を通してソロアーティストなどのレコーディングをサポートする技術力を活かした仕事。
その他
  • サポートベーシスト
  • ツアーベーシスト
  • ソロベーシスト
  • ベースインストラクター
  • 編曲家他

カリキュラム

Rhythm reading workout
リズムリーディングワークアウト
音楽スタイル別のリズム課題をバンド単位で反復演奏することにより、リズム及びタイム感を習得していきます。
Playing technique
プレイングテクニック
フィンガースタイルとスラップスタイルの基礎となるポジション、各指の独立、ピッキング、スラッピング、ミューティングなどのテクニックを学びます。
Live workshop
ライブ実習
ヒットナンバーの演奏を通してライブ感やステージパフォーマンスの更なるグレードアップを図ります。
Groove ensemble workshop
グルーブアンサンブル実習
伝説のミュージシャン達のグルーブのノリ、タイムフィーリング、キメなどをバンド演奏を通して体得していきます。
Fretboard & scale
フレットボード&スケール
フレットボード上の音階を視覚化し、スケールやインターバルなどの指板上の動きを学びます。

充実したカリキュラム

Advanced bass

アドバンスドベース

難解なベースラインを抜粋し、高度なテクニックの追求や秀逸な演奏の機微に迫ります。

Bass&Drum

ベース&ドラム

ベーシストが現場で要求される様々なシチュエーションを想定しドラマーと共に演奏バリエーションを広げていきます。

Improvisation

インプロヴィゼーション

アドリブ能力を高めてコード進行に応じたベースラインを創作したり、各スタイルに対応したセッション力を強化します。

Theory & Ear training

セオリー&イヤートレーニング

五線譜、音名、コード、スケール、インターバル等の理論把握と正確なピッチを身につけるための聴覚トレーニングを行います。

>音楽アーティスト科の特徴

音楽アーティスト科トップへ

>時間割例(昼間部)

※1年次の例

コースの特徴

多種多様なベースのラインナップ。

多くの音楽スタイルでの演奏を求められるベーシストの為に多弦ベース、アップライトベース、フォークベースなどを完備!もちろん様々なアンプヘッドでも音作りを研究できる!

>PICK UP! 講師

平野先生

夢を現実にするための方法を、同じ気持ちを持った仲間と学んでいきましょう!!