ESP学園のダンス部だからできること。

左:音楽アーティスト科 ダンスヴォーカルコース 石井葵さん(部長)
右:音楽芸能スタッフ科 音楽スタッフ総合コース 橋本杏樹さん

ダンスヴォーカルを学びながら部活動でもダンスに励む石井葵さんと普段は音楽芸能スタッフ科で授業を受けている橋本杏樹さん。ダンス部で活動するおふたりの対談を通して、エンタメ系専門学校ESP学園の部活動の良さをお届けします!

エンタメ系専門学校のダンス部の魅力

まず初めにESP学園、そしてダンス部に入った理由を教えてください!

:ESP学園への入学決め手は直感でした!オープンキャンパスのときに、先生や先輩方が優しくしてくださったのも
あるんですけど、いろんな学校の説明会にも参加したうえでESP学園だけが自分が通っている姿を想像できたんです。

:私は大好きだったライブ関係の仕事に就きたくて専門学校を探していたのですが、ダンス部があることがESP学園に入学する決め手の一つになりました。小学校1年生のころからダンスをやっていたこと、学生時代からライブ関係の仕事に興味があったこと、この2つを極めることができるのはここしかないなと…。あとは上京したかったのも理由の一つです(笑)。

 

:そんなにダンス部に思い入れがあるなんてうれしい!私はダンスは好きだったんですけど、杏樹ちゃんと違って未経験で入学したので、スキルアップのためにも部活に入ったところがありましたね。

おふたりともダンスへの愛が大きい!そんなダンス部の好きなところやこれが良いところ!という部分はなんでしょうか?

:ダンス部に入ったことで、他の学科の人との関わりが増えたので、その分周りの人を尊敬する機会も増えました。部員が踊っているところを見て良いところを吸収できたり、それこそ葵ちゃんが周りの状況を常に気にかけている部分を見て、自分もそんな風になりたいなと思ったり…。人として学ぶことがいっぱいです。

:たしかに他の学科・コースの人と関わることができるのはESP学園ならではだよね。イベントの音響や照明を学生が行うこともあって、学生同士でひとつのものをつくりあげてることを実感できるんです。あとは、いろんなジャンルを教えてくれる先輩がいるところも魅力のひとつですね。ダンスヴォーカルコースの授業内で習うジャンルはもちろん、それ以外に先輩方が得意とするジャンルを教わることができるので、だんだんと表現の幅が広がっていきます!

:私の場合、授業ではスタッフ系の先生や友達との関わりしかないので、音楽アーティスト科の先生であるコーチに教えてもらえることはすごく貴重な時間です!

学科を越えた繋がり

いろんな学科の人と関わることができるのはESP学園ならではですね!そんなおふたりも学科・コースが違いますが、初めて会った時に印象的だったことはありますか?

:これはふたりともそうなんですけど、お互いのことを先輩だと思っていました(笑)。

:「なんでこの先輩だけ1年生扱い?」と思ったよね(笑)。しかも音楽芸能スタッフ科の部員は私だけで、当時すごく緊張してたんですよ。でも葵ちゃんが同じ学年ってわかって、話しかけてくれたのをきっかけにどんどん仲良くなりました! この前も2人で遊びに行ったよね!

:ね!部活以外で一緒に過ごす時間も増えていって、今では何でもわかりあえる大切な友達です。部長として悩んだ時はいつも杏樹ちゃんが助けてくれるので、本当に支えになっています。

出会って1年半とは思えない仲の良さ!すごく楽しそうなお話ばかりですが、逆に部活で大変だったことはありましたか?

:「THE SHOW」という大きなイベントと実習の授業が重なってしまった時は、スケジュールの調整に苦労しました…。私が在籍している音楽芸能スタッフ科 音楽スタッフ総合コースでは、プロダクション実習といって、1年間かけて卒業生アーティストのマネジメントを行う実習があるんです。自分にとって部活も授業もどちらも大切なので、練習の段階からうまく両立できるように頑張りました。葵ちゃんは2つのナンバーに出て、どっちもリーダーだったよね。

:そう!このイベントはダンス部とダンスヴォーカルコースが出演するんですけど、私は2つのナンバーに出ることになっていたんです。どちらもリーダーとだけあって、振付を考えたり、衣装を決めたり…とにかくやることが多かったんですよね。しかも当時ちょうどスランプのようなものに陥ってしまって…。でも「ここで折れたらこの先何もできなくなる…!」と思って、なんとか最後までやり抜きました!

卒業に向かう今、思うこと

もうすぐ2年生の前期が終わろうとしているところですが、これからのダンス部の活動の中でやりたいことや挑戦してみたいことはありますか?

:今までもこれからもそうなんですけど、この先もずっと部員全員が「毎回必ず参加したい!」と思えるような居心地の良い環境を作りつづけることが目標です。活動内容がありきたりにならないように、普段自分が踊らないジャンルを踊る活動日や特別講師をお呼びしてのレッスンなどもやってみたいですね!

:私はダンス部のメンバーと踊っている時間が大好きなので、とにかくみんなともっとたくさん踊りたい!授業とも真面目に向き合いつつ、葵ちゃんの部長としての活動を支えながら卒業までの時間を大切にしたいと思っています。

―最後にこれを読んでいる方へメッセージをお願いします!

:短い学校生活で家と授業の行き来だけだと、楽しみや人との交流がなくなってしまうと思うんです。ダンス部で大好きな仲間たちと身体を動かす時間はすごく楽しい時間になるし、ストレス発散にもなります(笑)。私みたいに未経験でも大丈夫!

:私のように他の学科・コースの方の入部も大歓迎です!現に、私はスタッフの気持ちもステージに立つ人の気持ちも両方理解できて良い経験になっています。入部していなければ葵ちゃんやほかのメンバーとも出会えなかったと思うと、ダンス部はとっても大切な存在です。

:コロナ禍で、私たちもあまり遊びには行けてないけど、部活の前や後に他愛もないことを話している瞬間が一番楽しい気がするよね!こういう何気ないことが大切な思い出になっていくんだろうなと思います。

:みなさんの入部お待ちしてます!!!!!

対談実施:2021年9月