entrance

学費サポートについて

奨学金制度

日本学生支援機構(貸与型)

借りる方学生本人
返す方学生本人
利用可能目的1年次後期以降の学費や生活費

経済的理由により修学困難な優れた学生に対し、家計と学力による審査により学資として奨学金を貸与します。お申し込みをするのも貸与を受けるのも学生本人で、返還も学生本人が行います。奨学金は指定した学生本人の口座に毎月振り込まれます。入学後の貸与となるため、一部例外を除いて原則として入学時の学費としては使用することはできません。

第一種奨学金【無利子】

自宅通学者

月額20,000円、30,000円、40,000円、53,000円

自宅外通学者

月額20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円

第二種奨学金【有利子】

全貸与対象者

月額20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円より選択

お申し込みから返還までの流れ

入学前予約採用
入学後定期採用

独立行政法人 日本学生支援機構
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/


高等教育の修学支援制度

世帯収入など一定の要件を満たす方は、入学金および授業料の減免、返還不要な給付型奨学金の支援を合わせて受けることができます。

お申し込み資格
2022年3月に高等学校等(本科)を卒業予定、もしくは高等学校等(本科)を卒業後2年以内の方。高卒認定試験合格(見込)者も対象となる場合があります。

お申し込み方法

予約採用現在、通っている高校を通じて日本学生支援機構(JASSO)にお申し込み手続きを行ってください。
在学採用入学後に本校で行われる説明会に参加し、お申し込み手続きを行ってください。

選考基準

住民税非課税世帯(第Ⅰ区分)及び、それに準ずる世帯(第Ⅱ区分/第Ⅲ区分)の学生で、下記の学力基準のいずれかに該当する人。

(1)高等学校等における全履修科目の評定平均値が、5段階評価で3.5以上であること。
(2)将来、社会で自立し、活躍する目標をもって進学しようとする大学等における学修意欲を有すること。
  (学修意欲等の確認は、高等学校等において面談の実施又はレポートの提出等により行います。)

支援1 入学金および授業料の減免額・減免後の学費(年額)

第I区分
第II区分
第Ⅲ区分

※入学後の秋に支援区分の見直しが行われます。

支援2 給付型奨学金の支給額(月額)
自宅通学・自宅外通学

自宅/自宅外の基準は貸与型奨学金の基準とは異なります。

※入学後定期的に在籍状況、家計、学業成績などの確認や判定が行われ、その結果により、支給停止や廃止となることがあります。

専門学校ESPエンタテインメント東京 修学支援制度申請書

以下よりダウンロード・ご記入のうえ、「大学等奨学生採用候補者決定通知」の写し、 その他入学手続きの書類とともに提出してください。

さらに詳しい情報は文部科学省の「高等教育の修学支援制度」特設サイトにてご確認いただけます。 給付型奨学金に関する相談は下記でも受け付けています。

日本学生支援機構 奨学金相談センター
電話:0570-666-301(月~金 9時~20時)

日本学生支援機構のWEBサイトのシミュレーターを利用することでこの制度を受けることが可能かの確認や、支援区分の確認などができます。


新聞奨学生制度

借りる方学生本人
返す方学生本人
利用可能目的1・2・3年次の学費のみ

専売所店舗内の部屋や指定のアパートに住みこみ、新聞配達などの業務を行いながら学校に通うという制度です。採用決定後、学費の借り入れをすることにより新聞奨学会からESP 学園へ学費が支払われ、月々に支給される奨学金で新聞奨学会へ返済をします。奨学金の支給形態やそのほか、待遇などは奨学会ごとで異なりますので、ご希望の方は下記を参考のうえ、各奨学会へ直接お問い合わせください。

※音楽芸能スタッフ科で出願をお考えの方で新聞奨学生のご利用を希望する方は、
 ESP学園入学事務局(TEL:0120-37-6986 Mail:esp@esp.ac.jp)まで一度ご相談ください。

新聞奨学生制度について

新聞奨学生を選んだ時の強み

・返済不要限度額内で借りた奨学金は契約期間満了すると返済不要
・給与や賞与(ボーナス)が支給される
・家賃のほとんどを販売店が負担
・就職活動時には奨学会から推薦状が発行される

新聞奨学生を選んだ時に大変なこと

・慣れるまでは体力的に大変で、自己都合で仕事をお休みできない
・配属先の販売店によって配達件数や集金のノルマの差がある
・契約期間の途中でやめてしまうと借入金を一括で返さなければならない
・貸付上限額や返還不要限度額を超えた分は自分で補う必要がある

朝日新聞

フリーダイヤル 0120-127733
〒104-0045 東京都中央区築地4-5-14
 

応援ポイント

❶ 返済不要の奨学金で「入学金」「授業料」サポート
❷ 住居費ゼロと給料で「生活費」サポート
❸ 通学時間、約15分。「あなたの学び」サポート

■奨学金

Aコース 3年制 390万円   2年制 270万円
Bコース 3年制 330万円   2年制 220万円

■仕事内容

Aコース 朝夕刊の配達、集金、付帯業務など
Bコース 朝夕刊の配達、付帯業務など

■給与

Aコース 161,067円
Bコース 136,755円
(月額平均。早朝手当を含む。2020年11月現在)

■特別手当

年2回(夏、冬)に支給

■休日

4週6休制

■休暇

有給休暇は、初年度10日(6ヶ月経過後)
2年目11日(1年6ヶ月経過後)

■住居

全員に冷暖房完備の個室を無料で用意(水道・光熱費は自己負担)。
全店シャワー完備。

■食事

朝食・夕食は一部の販売所で用意。昼食と、新聞が発行されない日の朝食・夕食は販売所では用意しません。食事代は、月額29,000円(上限)。

■保険

労災保険・団体傷害保険に加入(本人負担なし)。
健康保険は国民健康保険(自己負担)に加入。

産経新聞

フリーダイヤル 0120-336-661
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル8F

応援ポイント

❶ 配達は朝刊だけ!自分の時間がとりやすい!
❷ 集金なしコースあり(若干名)
❸ 学費の借入は初年度150万円までOK(集金あり)

■奨学金(最大返済免除額)

[集金あり]3年制 350万円 2年制 220万円
[集金なし]3年制 270万円 2年制 180万円

■仕事内容

朝刊の配達、集金、付随業務など。夕刊の配達がないので遅い授業も安心して受けられます。

■給与

135,300円(集金あり)
(2020年4月実績:午前2時始業の場合)

■休日

週休制(4週4休日)

■休暇

初年度(半年経過後)10日間、以降1年経過後1日増し

■住居

個室を提供

■食事

自炊・外食が基本

■通学交通費

基本は自己負担

■保険

業務中のケガの場合は労災保険が適用され、経済的な負担なし。業務外の病気やケガのため健康保険で医師にかかった場合、治療費を補う「医療補助制度」あり

日本経済新聞

フリーダイヤル 0120-00-5725
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-7-5 日経茅場町第二別館3階

応援ポイント

❶ 女子も多く東京地区学生数No.1
❷ 全員集金業務がなく、休日も4週6休制
❸ 店舗見学や体験入店も随時受付中!

■奨学金(返済免除額)

3年制 320万円
2年制 220万円

■仕事内容

朝・夕刊の配達、付随業務

■給与

133,800円(完全固定給制)

■賞与

年2回、7月と12月に支給(2020年実績)

■休日

4週6休日制。
休みは授業のスケジュールなどの都合に
合わせて店内で調整し決定

■休暇

有給休暇は、初年度(入店6ヶ月後)10日、
2年目11日、3年目12日、4年目14日

■住居

全店完全個室、部屋代は無料。
また、全店にシャワールーム・シャワートイレ、全室にエアコンまたはクーラーが完備

■食事

朝食と夕食を各店舗で用意。
※店舗により提供の有無・方法に差異があります。
※店舗で用意する場合、29,000円以下(1ヶ月分・実費精算)を給与から控除します。

■通学交通費

通学定期代で月額5,000円を超える場合は、超過分を5,000円まで補助

■保険

労災保険に全店が加入。健康保険はご自身で「国民健康保険」に加入をしてください。

毎日新聞

フリーダイヤル 0120-098-098
〒169-0072 東京都新宿区大久保3-14-4 毎日新聞早稲田別館

応援ポイント

❶ Aコースは学費全額貸与、返済不要
(年度ごとの最低保証奨学金あり)
❷ 希望を確認する独自の販売所紹介システム
(入会時に見学・宿泊します!)
❸ 就職活動時に活用できる「推薦状」を発行

■奨学金

Aコース 3年制 390万円  2年制 260万円〜
Bコース 3年制 330万円  2年制 220万円

※上記金額は、貸付を受けた場合の返済免除限度額です。

■仕事内容

Aコース 配達、集金、付随業務 (1日平均6時間の勤務)
Bコース 配達、付随業務 (1日平均5時間の勤務)

■給与

Aコース 162,498円(月額平均) ※早朝手当含む
Bコース 136,755円(月額平均) ※早朝手当含む

■賞与

年2回、7月・12月に支給(初年度7月は半額)。

■休日

4週を通じて6日(A・Bコース)

■休暇

初年度10日の有給休暇(6ヶ月勤務後)。
2年目以降毎年1日ずつ加算(労働基準法準拠)。

■住居

個室を無料で用意(販売所内またはアパート)。水道・光熱費は自己負担。

■食事

一部の販売所で食事を用意しています。
朝・夕食が販売所で用意される場合は、月額29,000円を給与から控除。

■通学交通費

月額5,000円までは自己負担になります。
超過分を販売所で補助しますが、補助額は1ヵ月5,000円が上限です。

■保険

「国民健康保険証」(自己負担)を利用。「毎日奨学生医療共済制度」により、
業務外の通院・入院した場合でも保険治療費の自己負担分(3割)なし。
労災保険・傷害保険も完備(保険料の自己負担なし)。

読売新聞

フリーダイヤル 0120-430-116(117)
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社内

応援ポイント

❶ 奨学会が学費を全額立て替え払い
❷ 卒業お祝い金があるのは読売だけ
❸ A・Bコースとも休みは4週6休制

■奨学金(返済免除額)

Aコース 3年制 390万円  2年制 260万円
Bコース 3年制 330万円  2年制 220万円

※上記金額は、立て替えた学費の返済免除額です。

■仕事内容

Aコース 朝・夕刊の配達、集金、付随業務
Bコース 朝・夕刊の配達、付随業務

■給与

Aコース 184,296円(※2020年4月現在)
Bコース 136,800円(※2020年4月現在)

■賞与

年2回、7月と12月に支給
Aコース 50,000円以上
Bコース 30,000円以上

※初年度の7月は満額支給ではありません。

■休日

Aコース 4週を通じ6日間休日
Bコース 4週を通じ6日間休日

■休暇

初年度(半年経過後)10日間、以降労働基準法に基づく

■住居

完全個室で部屋代無料。
(水道・光熱費の基本料金は販売店で負担。学生は使用料金の負担)

■食事

食事の有無は販売店によって異なる

■通学交通費

通学定期代で月額3,500円までは本人が負担し、超過分は販売店が補助

■保険

社会保険(Aコース)、労災保険、自転車・バイク保険加入
※Bコースは国民健康保険、国民年金に個人で加入


その他の奨学金制度

●地方公共団体の育英資金
地方公共団体によっては、人物および学業成績優秀で、経済的理由により修学が困難な場合には、審査のうえ、奨学金や入学準備金を貸与している団体があります。採用条件や支給内容、募集時期などは各団体によって異なりますので、くわしくは各地方公共団体にお問い合わせください。

●ホリプロ文化芸能財団奨学金
ホリプロ文化芸能財団が、将来、エンタテインメント業界に関わる仕事に就くことをめざす学生を対象として、奨学金(月額3万円)の給付を行うことにより、優れた人材の育成と業界の発展に寄与することを目的とした給付型奨学金制度です。希望者は入学後に本校の奨学金担当者までお問い合わせください。

●イーエスピー学園卒業生・在校生兄弟姉妹特別奨学生
ESP 学園卒業生の子女または兄弟姉妹、在校生の兄弟姉妹が入学する場合、奨学金(10万円)の支給を行います。手続きについては、入学後に入学事務局にてお申し込みを行い、給付となります。