NEWS

【舞台製作・照明】綱元実習を実施!

2021.10.21

9/30(木)に舞台製作コース照明コースは「綱元実習」を東大和市民会館ハミングホールで行いました!

綱元(つなもと)とは…?

舞台の上にはいろいろな物を吊るための「バトン」と呼ばれる棒があり、舞台演出のために照明・舞台美術などを吊って、昇降(上げ下げ)をするために使用されています。

そのバトンを上げ下げするのに使用するのが「綱」。(すごい太いロープ!)
そしてその綱が滑車を通して辿り着いた先が「綱元」です!!

\その綱元がコチラ!!/

ここ最近は電動スイッチ1つで上げ下げできるホールも多くなってきましたが、古くからあるホールや小劇場ではまだまだ手動で行うことの多い「綱元」。
人力で上げ下げができるのも実は綱元のいいところで、演出によってそのスピードを変化させることができます!

いろいろな会場をまわる舞台スタッフ・照明スタッフは、電動だけではなく手動で行う綱元の知識・技術を身につけていないと、どの会場でも対応できるプロフェッショナルにはなれません!

この綱元実習を通じてより幅の広いスタッフへの1歩を踏み出せたのではないでしょうか…!?

そんな綱元実習の様子を見ていきましょう!!

まずこの綱を引くと…
ステージ上にバトンが下りてきます!
そのバトンに幕を吊って、また上にあげることで…
何もなかった舞台上が一気にステージに!!
更に照明を当てることで演出の幅が広がります!

今回は基礎的な部分だけでしたが、これらの応用でみなさんが心躍らせるような舞台が完成します!!

舞台やコンサートに行った際は、そんなところにも是非注目してみてください!!!

舞台製作コース・照明コースの授業の様子をもっと知りたい!!
そんなあなたにご覧いただきたいのが…

\音楽芸能スタッフ科SNS/

そのほかにも以下2つのSNSを更新中!

☆Instagram (@esp_t_staff)
☆Tiktok(@esp_t_staff)

学校生活の様子や授業の様子をぜひご覧ください!!!

オープンキャンパスでは…

実際に舞台セットを組む体験授業や、ピンスポット・照明卓・照明仕込み体験ができる体験授業も開催しています!

少しでも舞台や照明に興味があるな~という方はコチラからお申込みください!

みなさんにお会いできること、とても楽しみにしています!!!

ニュース一覧へ