東京
  • オープンキャンパス&イベント
  • アクセス
  • 0120-37-6986
  • esp@esp.ac.jp
メニュー

アーティストが輝くステージを
演出・設営する

音楽芸能スタッフ科 舞台制作コース

STAGE PRODUCTION

活躍するフィールド

舞台監督会社 舞台美術会社 コンサート制作会社 コンサートプロモーター チケット販売会社 ...etc

カリキュラム

コンサート舞台を大道具美術としての装飾や、
各セクションが円滑に動けるような舞台進行を学ぶ。

特長 01舞台基礎知識

アーティストが立つステージについて基本を学びます。舞台用語からはじまり、舞台道具を扱うための基本的な基礎知識・技術を習得します。

特長 02舞台制作実習

舞台をデザインする上で欠かすことのできない基礎知識や実作業で使用するCADソフト(ベクターワークス)の扱いを学び、実際のイベントで使用する装飾の製作を行います。

特長 03舞台進行・制作実習

イベント当日に各セクションがスムーズに動けるように指示できるように舞台を統括するための専門知識を学びます。

クローズアップ授業

舞台技術実習

舞台装飾に欠かすことのできない吊物を操作する舞台機構のひとつである【綱元(つなもと)】の仕組みや操作方法等を理解するための外部ホールでの実習、レーザーや銀テープ、CO2などコンサートのアクセントに欠かすことのできない特殊効果の仕組みや扱い方について、専門会社のスタッフをお招きした特別授業を開催しています。

時間割(例)

 
1時限目
2時限目
3時限目
4時限目
1時限目 楽器基礎知識 大道具実習 舞台進行・
制作実習
一般教養講座 舞台制作実習
2時限目
3時限目 舞台基礎知識 パソコン実習
4時限目
STUDENT VOICE

舞台制作コース

髙橋さん (山形県出身)

特殊効果の世界から
ライブをもっと盛りあげたい!

■このコースを選んだ理由は?
将来の仕事としてコンサートスタッフ、その中でも舞台装飾や特殊効果をやりたいと思っているからです。
■このコースの良いところは?
特別研修で特殊効果など専門の会社の方からレクチャーを受けられるのはすごく楽しいです。また、イベントなどの外部研修を通して、現場の雰囲気を感じながらほかのコースの人と交流できるのも新鮮だと思います。

音楽・芸能業界との
コラボレーション

在学中から多くの現場で体験を。

  • 実践で学ぶ学生企画イベント

    野外やホールでのイベントを実際に制作・運営し、音響・照明の仕込みから機材の操作までイベント実施に必要不可欠な知識を身につけます。

  • BUZZING★SHOW TIME in 野方区民ホール

    2年生で外部ホールを使用する初のイベント。【思わず○○したくなる】をテーマに、動きのある芸人や大道芸のパフォーマンスのイベントを開催。企画制作/舞台制作/PA/照明の各セクションとも外部ホールで実際にイベントを自分たちで行うことは想像以上の大きな経験になります。

  • Naturarhythm in 代々木公園 野外ステージ

    【秋風とともにアコースティック音楽で安らぎを感じよう】をテーマに普段はバンドで活動していてもアコースティックで演奏していただくことでアーティストの新たな魅力を発見できるイベントでした。当日までのさまざまな経験でまたひとつ成長する機会になりました。

主な講師紹介

  • 三島 睦郎

ESP 学園が就職に強い理由

一緒に見られている
その他のコース

閉じる
ページTOPへ