ギタークラフト科

アンプ・エフェクター専攻

設計、開発、修理まで
全て行える技術者を目指す

エレキ楽器にとって必需品である周辺機材。特にギターやベースにとっては、エフェクターやアンプはとても重要な存在といえます。音色加工をし、音量を増幅して出力する。音の電気信号はそのプロセスで数十から数百の電子部品の中をとおり、実際に音となって私たちの耳に届きます。この組み合わせやパターンを理解することで、サウンドメイクに対するアプローチは劇的に変化します。このコースでは、さまざまな種類のエフェクターや真空管アンプを実習で製作し、講義で楽器に関わる電気知識を基礎から学ぶことができます。回路の設計を身につけることで、ギターやベースの内部配線の可能性も大いに広がります。

活躍するフィールド

  • エフェクターリペアショップ
  • アンプ・エフェクターメーカー
  • 輸入代理店
  • etc…
feature

学びの特長

エフェクター製作

エフェクター製作

オリジナルデザイン

オリジナルデザイン

アンプ製作

アンプ製作

サウンドメイク

サウンドメイク

PICK UP

ピックアップ授業

subject

授業内容

エフェクター製作

エフェクター製作

さまざまなタイプの機種を製作しながら、
電子パーツの役割や電気回路の基本を学びます。

オリジナル回路設計

オリジナル回路設計

自分がつくりたいモデルを決めて、
回路の設計から製作を一貫して行います。

真空管アンプ製作

真空管アンプ製作

ギター用、ベース用を選択して真空管アンプをいちから製作し、修理やメンテナンス法も学びます。

授業の詳細(シラバス)を見る

timetable

時間割

1年次(例)
MONTUEWEDTHUFRI
1時限目 講義 電工実習 講義 電工実習 講義
2時限目 電工実習 電工実習 ギター製作
実習
3時限目 ギター製作
実習
4時限目
teacher

講師紹介

二上 義道

二上 義道

[コメント]何かをつくりあげるためには、それ相応の時間と材料と技術などが必要になります。それはギターでも同じことです。ギタークラフト科には、思う存分にものづくりを楽しめる時間があります。ギターづくりに必要な木材などの材料があります。木材加工や塗装方法など、イメージを具現化するためのさまざまな技術を身につけることができます。あと必要なのはギターをつくりたい気持ちだけ。ここではそれさえあれば、ギターづくりができるようになります。