音楽アーティスト科

サウンドクリエイターコース

多彩なサウンドを構築するための方法論技術を学ぶ

サウンドクリエイターコースでは、パソコンを使用し、音楽制作を含むアーティスト活動や音源制作・映像関係の会社へ就職を目的とした活動を行なっています。 コース内でふたつの専攻へと分岐し、現場で必要とされる専門的な知識を学ぶことができます。

活躍するフィールド

  • サウンドプロデューサー
  • アレンジャー
  • キーボーディスト
  • マニピュレーター
  • 作曲家
  • etc…
feature

学びの特長

作曲スキルが身につく

作曲スキルが身につく

配信者として活躍する

配信者として活躍する

映像も音楽も制作できる

映像も音楽も制作できる

楽器の演奏ができるようになる

楽器の演奏ができるようになる

ステージで活躍できる

ステージで活躍できる

curriculum

カリキュラム

入学してから専攻を決められる

1年次前期にはクリエイターとしての基礎を学び、1年次後期から2年次には専攻に分かれて自分の目指すスタイルに向かって学びます。

1年次前期

楽曲制作の最初の一歩を学ぶ


クリエイターやキーボーディストになるために必要となる知識は多岐に渡ります。
まずは第一歩として、基礎的な内容を学んでいきます。この半年間で自分の目指すクリエイターとはどのようなものなのかを見つめて、自分の進みたい道を見つけましょう。

↓
1年次後期〜2年次

自分の目指すスタイルを確立していく


クリエイター専攻とキーボード専攻に分かれ、より実践的な知識を習得していきます。
ここから自身のクリエイターやアーティストとしてのスタイルを確立していきましょう。またいずれの専攻においても必要となる知識・スキルは、共通の科目で学んでいきます。

クリエイター専攻
クリエイター専攻

楽曲制作に特化し、あらゆるアーティストへの楽曲提供や、劇伴・BGMなどさまざまな形式の楽曲制作方法を学ぶ。
   

クリエイター専攻・授業科目
  • BGM/劇伴制作
  • Track Making
  • 動画制作
  • レコーディング実習
プレイヤー専攻
プレイヤー専攻

楽曲制作に加え、キーボード演奏に関する内容を学び、キーボーディストやマニピュレーターなど、ステージに近いスタイルを目指していく。

キーボード専攻・授業科目
  • キーボード実技
  • コードワーク
  • Solo&インプロヴィゼーション
  • マニピュレーター実習
共通科目
  • DAW
  • 音楽理論(アドバンス)
  • ミュージックプログラミング
  • Track MIX
  • リズムアナライズ
  • 楽曲アレンジ
  • 課題曲制作
PICK UP

ピックアップ授業

subject

授業内容

イヤートレーニング

イヤートレーニング

短音・和音ともに速やかな採譜を行うための音感を鍛え、現場での即戦力となるよう制作や採譜作業を効率よく行う技術を身につけます。

ミュージックセオリー

ミュージックセオリー

音符の読み書き、コードやスケール理論、マスター譜の書き方など制作・演奏ともに必須となる音楽的な知識を習得します。

DAW基礎

DAW基礎

楽曲制作に欠かすことのできないMacの操作方法やDAWの使い方、さらに作曲やアレンジなどを実践的に学習します。

Track Making(クリエイター専攻)

Track Making(クリエイター専攻)

さまざまなジャンルの音楽を学び、DAWやシンセサイザー、サンプラーなどの機材を使用してオリジナルトラックを制作していきます。

マニピュレーター実習(プレイヤー専攻)

マニピュレーター実習(プレイヤー専攻)

DAWを駆使した同期制作やクリックに合わせての演奏など、近年のライブシーンで欠かすことのできないマニピュレーターとしての技術を習得します。

授業の詳細(シラバス)を見る

timetable

時間割

1年次前期(例)
MONTUEWEDTHUFRISAT
1時限目 DAW基礎 ミュージック
セオリー
選択授業 グルーヴ
メイキング
課題曲制作Ⅰ スタジオ
レンタル

BAS
2時限目
3時限目 イヤー
トレーニング
ジャンル研究 スコア
ライティングⅠ
アレンジ基礎
4時限目
放課後 スタジオレンタル
teacher

講師紹介

藤原 泰斗

藤原 泰斗

[プロフィール]キーボーディスト・マニピュレーターとして様々なジャンルのライブサポート・レコーディングに参加。作曲家・アレンジャーとしても活動。

[Works]AYABIE・彩冷える・ダウト・mitsu・野水伊織・青木隆治・RAZZ MA TAZZ など。