東京
  • オープンキャンパス&イベント
  • アクセス
  • 0120-37-6986
  • esp@esp.ac.jp
メニュー

アーティストの演奏を
良い音で届けたい

音楽芸能スタッフ科 PAコース

PUBLIC ADDRESS

活躍するフィールド

PA会社 ライブハウス コンサートホール リハーサルスタジオ テレビ・映像音響会社 テーマパーク ...etc

カリキュラム

機材のセッティングから操作方法までを学び、
ライブ本番でのオペレートを担当することで
PAエンジニアとしての技術を習得する。

特長 01基礎知識

音の仕組みや機材の構造など、PAをする上で必要不可欠な基礎知識を学びます。しっかりとした知識を得ることで現場での即戦力をめざします。

特長 02対応力

実際のホールを教室として使い、マイクやミキサーなどの機材に全員が触りながら扱い方や基本的な操作方法を学びます。基礎からじっくりと学ぶことでPAエンジニアとして確かな技術を習得します。

特長 03イベントスタッフ参加

授業で学んだ知識や技術を仕事として活用するために学内外で行われる多数のイベントにスタッフとして参加し、イベント当日の流れや他セクションとのやり取りなど本物の技術を身につけます。

クローズアップ授業

プロオーディオメーカー特別セミナー

PAとしてさまざまな現場に対応できるように日々進歩する機材について学ぶため、メーカーの方から直接レクチャーを受ける機会を設けています。

時間割(例)

 
1時限目
2時限目
3時限目
4時限目
1時限目 サウンドアナライズ 音楽業界基礎 PA実習 一般教養講座 PA実習
2時限目
3時限目 パソコン実習 音響概論 図面制作
4時限目
STUDENT VOICE

PAコース

久保木くん (岡山県出身)

全国ツアーをまわれるスタッフになる!

■このコースを選んだ理由は?
初めてライブに行った時にPAという仕事に出会い、裏方ながらもライブを大きく支えているということに魅力を感じました。そこからPAをめざすようになり、少人数制で機材に長く触れられるこのコースを選びました。
■このコースの良いところは?
外部イベントの多さです。夏フェスなどにも研修として参加させていただき、現場でしか味わえない空気や仕事を体験することができました。自分でも大きく成長でき、良い夏になったと感じています。

音楽・芸能業界との
コラボレーション

在学中から多くの現場で体験を。

  • 実践で学ぶ学生企画イベント

    野外やホールでのイベントを実際に制作・運営し、音響・照明の仕込みから機材の操作までイベント実施に必要不可欠な知識を身につけます。

  • BUZZING★SHOW TIME in 野方区民ホール

    2年生で外部ホールを使用する初のイベント。【思わず○○したくなる】をテーマに、動きのある芸人や大道芸のパフォーマンスのイベントを開催。企画制作/舞台制作/PA/照明の各セクションとも外部ホールで実際にイベントを自分たちで行うことは想像以上の大きな経験になります。

  • Naturarhythm in 代々木公園 野外ステージ

    【秋風とともにアコースティック音楽で安らぎを感じよう】をテーマに普段はバンドで活動していてもアコースティックで演奏していただくことでアーティストの新たな魅力を発見できるイベントでした。当日までのさまざまな経験でまたひとつ成長する機会になりました。

主な講師紹介

  • 三田 陽子

ESP 学園が就職に強い理由

一緒に見られている
その他のコース

閉じる
ページTOPへ