BAND
ARTIST
STATION

キャンパスライフオリジナルバンド活動BAND ARTIST STAION

全学科の学生対象で、授業外でバンドやユニットごとにレッスンを受けることができるシステム「BAND ARTIST STATION(以下BAS)」!講師やデビューサポートが全面的にバックアップし、曲づくりやバンドアレンジ、ライブやレコーディングのポイント、活動方法などをアドバイスします!

POINT

BASのポイント!

  1. POINT 1

    業界に向けた
    プレゼンテーションに直結!
  2. POINT 2

    学科を越えて音楽の方向性が
    同じ仲間に出会えるチャンス!
  3. POINT 3

    曲づくりやバンド活動に関して
    アドバイスがもらえる!
  4. POINT 4

    学内でのライブや
    レコーディングの機会が豊富!
FLOW

BASの流れ

1.メンバーを探す

仲間を集めたい学生が、学科学年を問わず校内ホールに集合!自由に声をかけあえる場(メンバー探しの会)でメンバーを見つけましょう!

メンバー探しの会って…?

年に数回、校内の大きなホールで1日かけて行います。
ギターやドラムなど各パートごとにブースに分かれて、自己PRタイムを設けメンバーを集めていきます。
授業で仲良くなった友だち同士はもちろん、個人での参加も大歓迎です!

各学科の割合は?

音楽アーティスト科の学生が最も多いですが、他学科の学生ももちろん所属しています!

2.バンドを結成

メンバーが集まったらさっそく”BAS”にバンドを登録!

バンドを登録するのはなぜ?

BASに登録することで、バンドごとのオリジナル楽曲について講師の先生からアドバイスを受けることができます。また、音楽芸能スタッフ科の実習に参加する場合もあるので、ESP学園生同士でレコーディングやライブなどもできちゃいます!

いわゆる王道のバンド形態じゃないとだめ?

どんな形態でも大丈夫!例えば、打ちこみで楽曲制作を行うバンドなどもウェルカムです!過去には民族楽器を用いたバンドがいた前例も…。理想の音楽を一緒に追い求められるバンドメンバーを見つけましょう!

バンドの掛け持ちはできる?

もちろんです!現在もBAS内で複数のバンドに在籍している学生がいます。

3.バンドで練習

担当講師と方向性を話し合い、ついに活動開始!プロミュージシャンである講師からアドバイスを受けて理想のバンドを目指そう!

練習場所は?

学内に完備されているスタジオを利用することができます!
また、学校の近くにも複数のスタジオがあり、学生割引をおこなってくれる場所も…!

レッスンの時間や内容は?

レッスンは、毎週土曜日の9:30/11:15/13:30/15:15のいずれかから1コマ分(90分)実施します。バンドごとに時間や教室を固定しているので、アルバイトや遊びの予定も立てやすいです。
レッスンではオリジナルのメロディーに対してコードがバッティングしていないかやコーラスの有無などの音楽的なサポートから、バンドの方向性などの相談にも乗ってくれます!

どんな先生が教えてくれるの?

プロとして音楽活動をおこなっている講師陣がレッスンを担当しています。バンド活動以外にも、アーティストのサポートミュージシャンやレコーディングディレクションなど、その活動の幅は多岐に渡ります。

レコーディングのサポートはしてもらえる?

BASで使用している教室の中にはレコーディングが可能な教室も!バンドとしての技術や練習の進行度合いも見ながら、講師の先生と一緒にレコーディングをおこなっていきます。また、音楽芸能スタッフ科の実習の一環でレコーディングを行うこともあります!

4.ライブで実践

ブラッシュアップされたオリジナル曲を引っさげて、発表ライブや学外イベント、オーディションイベントなどに出演!!

ライブを実践するまでの流れは?

オリジナル楽曲が完成していくことで、近隣のライブハウスで実践する学生が増えていきます。
ライブハウスでの実践に至るきっかけは友人の紹介や対バンライブなど様々!

在学中の音楽活動は?

音楽芸能スタッフ科のプロダクション実習に参加するバンドに選ばれると、在学中の1年間で徹底的にプロデュースしてもらうことができます。学内でのライブはもちろん、作品のレコーディングやCDショップでの音源販売、学外のライブハウスを使用してのレコ初ライブなどもおこない、過去にはインディーズチャート上位にランクインしたことも!在学中に本格的な音楽活動ができることも魅力のひとつです。

学校からのサポートはある?

音楽芸能スタッフ科の実習ライブのほか、デビューサポートセクション主催の学外のライブハウスを使用したライブイベント、学内で行われるドリームキャッチャー(オーディションイベント)への参加など、さまざまな角度からサポートをしています!

デビューにつながる可能性は…?

バンドメンバー全員の努力が鍵となります!
レコーディングした音源を武器に、しっかりとセルフプロデュースを行い、外部への発信を続けていくことが大切です。
また、デビューサポートセクションではオーディション案件の紹介などの支援も行っているのでどんどん活用しましょう!