音楽・芸能と楽器の専門学校
ESPエンタテインメント東京

お問い合わせ
0120-37-6986

トップライナーコース

現場で求められる作曲家としての知識、技術が学べる!

カリキュラム

作曲

  • メロディ制作

    トップライナーとして、トラック(カラオケ)に対してマッチするメロディ制作法を学びます。

  • ディレクション

    アーティストの魅力の引き出し方や歌唱指導など、レコーディング現場におけるトップライナーの技術を身につけます。

  • ヴォーカルエディット

    レコーディングをしたヴォーカルトラックをより優れた表現にするための技術を学びます。

  • 楽曲理論

    基礎的な楽曲理論や譜面の読み書き、コードの展開など、作曲に必要な知識を身につけます。

作詞

  • トラック

    メロディと連動した世界観を表現できるよう作詞法の基礎を学びます。

歌唱力

  • 指導歌唱

    自身のアーティスト活動、または楽曲提供したアーティストに対して歌唱表現指導ができるよう発声法を学びます。

その他授業
  • スコアリード
  • 編曲理論
  • メロディアナライズ

トップライナー実習

即戦力を身につける。

現在の音楽シーンで求められる作曲法、作曲ソフトの使い方、基礎的な音楽理論から実践的なコード進行の展開を学びます。作詞、作曲、ヴォイストレーニング、ヴォーカルトレーニング、ミックスなど、音楽制作現場での対応力、即戦力となる技術を学び、コンペティション(楽曲競技会)を勝ち抜きデビューをめざします。

What'sTop Liner ?

トップライナーとはトラックのグルーブをいかした、歌詞と一体となるメロディを生み出す作曲家のことです。

  • 作曲法
  • 作詞法
  • メロディ制作
  • ヴォーカル
    トレーニング
  • ヴォーカル
    エディット
  • ミキシング

少人数制クラス

自分のレベルにあわせて学べる。

入学前に個人面談を行い、それぞれのレベルにあわせたクラスを編成するので、ひとりひとりがしっかりと技術指導を受けることができます。

在校生・卒業生が中心となって
企画制作しているエンタメの祭典!

monochrome

学生作品の発表の場であり、現役の音楽業界スタッフの方もお招きする進路支援の役割も果たしています。トップライナーコースの一大イベントとなっています。

ライブ

楽曲発表

視聴コーナー

デビューサポート

キミの音楽と芸能活動を
トコトンサポート。

オーディション情報の提供

ESP学園でしか扱っていない特別なものも含め、多数のオーディション情報や人材募集の情報をお知らせしています。

宣材資料作りの全面サポート

オーディションに必要な宣材写真撮影や音楽活動に必要な資料、プロモーションツールの制作を全面サポート。

プレゼンテーション・コンテストの開催

業界向けのプレゼンテーションライブや、新人開発担当者を招いてのコンテストなど、多くの学生のアピールの場を設けています。

出身アーティスト

在学中からトップアーティストとの共演の場がある!

在校生・卒業生が中心となって運営される、ESP学園最大級のイベントです。豪華アーティストたちがステージを盛り上げます。

音楽アーティスト科にはバラエティに富んだ発表の場があります。

プレゼンテーション/コンテスト

日々の授業で積み上げてきたものをレコード会社(レーベル)や音楽プロダクションの方々の前で発表・審査していただきます。

講師紹介

現役アーティストから学べる。

ESP学園出身トップライナー

SHOWトップライントレーニング&ヴォーカルトレーニング担当

1989年生まれ。高校進学と同時に、音楽・ 俳優活動を始める。俳優活動を通じて表現することの喜びを感じ、作曲活動をスタート。 ESP学園にてスキルを磨き、切ないR&Bから、アップテンポのダンス曲まで、キャッチーなメロディの楽曲が得意。アーティストとの共作による、ライティングセッションを精力的に行う。

楽曲提供アーティスト
宮野真守 / MYNAME / Rev.from DVL /
NEWS / 板野友美 etc…

SHOWさんはESP学園出身ですが、印象に残っている授業はありますか?
各コースのパートが集まって行うアンサンブルの授業が楽しかったのを覚えています。僕自身、バンドを組んだことがなかったですし、楽器の知識も全くなかったのでヴォーカル以外の”音”の重要性を考えるきっかけになりました。
作曲する際に楽器は使いますか?
作曲にはピアノを使っています。ESP学園でのレッスンや、コード理論などの授業で、ピアノも演奏できるようになりました。
現在トップライナーとして活躍されていますが、アンサンブルが役に立っていると感じることはありますか?
トップライナーがトラック(カラオケ状態)に対して、メロディ、歌詞、ヴォーカルを創っていくので、楽器のフレーズとメロディの連動の効果的な部分が鍛えられたと思います。
トップライナーに必要なスキルを教えてください。
始める上で必要な知識、技術は特にありません。あえて言えば、コーラスワークなどを手掛ける際には基礎的な音楽理論がとても役立っていると感じます。
楽曲提供をされる際に意識する部分はありますか?
楽曲提供するアーティストが過去にリリースした作品を聴きますし、そのアーティストが歌いそうなワードを把握しておきます。アーティストによってはNGワードがあったりするので最低限の準備はします。過去の作品のサウンド感から自分に求められているモノを読む力も必要だと思います。自分のアイディアで、アーティストに新しいテイストをつけられることはうれしいですね。
詞と曲はどちらを先に作ることが多いですか?
基本的に曲が先ですが、バラードに関しては詞から書くことが多いですね。メロディの音の上下と、日本語のイントネーションがマッチすることもあるので同時に作ることもあります。
トップライナー、クリエイターとしてのやりがいを教えてください。
自分の創った作品に対して、楽曲提供をしたアーティストのファンから、詞が良かったですなどのコメントをいただくと励みになりますし、身近なスタッフに自分の成長した部分をわかってもらえるとうれしいです!
最後にこれからトップライナーをめざすみなさんに応援メッセージをお願いします。
トップライナー、DAW(作曲ソフト)という言葉にとっつきにくい印象を受けるかもしれませんが、自分が今まで聞いてきた音楽の感性を表現するだけなので、難しく考えずに挑戦してほしいと思います!

トップライナーコース講師

中村 浩之

【プロフィール】
ピアニスト、作曲家、プロデューサー、電子音楽家。現在はサックス奏者宇津木紘一氏とのエレクトロジャズユニット 「UN.a」 で活動し、2015年9月に1st album「Intersecting」を全国タワーレコードなどで発売。NYCツアーを行う。2016年1月にさいたまスーパーアリーナにて「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVELIVE 5th STAGE」にてピアニストとしてゲスト出演し話題となる。現在、solo worksでは美術展示、ダンスのための音楽、自身のユニットのアルバム、ピアノソロアルバム、Utaeの1stアルバム発売を控えている。

最新の技術を学んで音楽業界で一緒に活躍しましょう!!

トップライナーコース講師

宇津木 紘一

【プロフィール】
サックス奏者、作曲家、サウンドエンジニア、ラジオパーソナリティー。生楽器と電子音の新しい融合を試みるというコンセプトの「UN.a」を中村浩之氏と結成し、2015年に「PURRE GOOHN」より1st album「Intersecting」を全国発売。ジャズやポップスのサポートやレコーディングでの演奏、歌手や映画音楽等の作曲を手掛けたり、サウンドエンジニアとしても活動。ラヂオつくば「ウツギ・ウタエの音楽室」パーソナリティーも務めている。

音楽業界で活躍中の講師、同じ目標を持った仲間と幅広い交流を作って楽しい学生生活を送りましょう!!

トップライナーコース講師

中野 正男

【プロフィール】
上京後バンド活動と共に演奏などでドラマや歌番組に出演。その傍ら幅広い有名アーティストやタレントなどのサポート・制作に参加。その後作曲やアレンジ・プロデュースも手掛ける。現在国内外で作家活動、制作・理論などの講義を実施。

2年間で音楽の世界を広げよう!!

Digz TopLinerProgram × ESP

トップライナーは、これからの
ヒット曲の創出に不可欠な存在です。

EXILE、三代目J Soul Brothers …etc
のヒット曲を手掛けるクリエイターが所属しているDigzグループがカリキュラムを監修しています。

ディレクター
酒見 徴 Sakemi Akira

欧米のスタンダードな楽曲の制作手法であるCo-write(トップライナー、トラックメイカー、シンガーによる共同制作)によって、近年の日本における音楽シーンでも多くのヒット曲が誕生しています。この手法に欠かせないトップライナーはトラックのグルーブをいかし、歌詞と一体となるハイセンスなメロディを生み出すことが求められ、その存在は日本の音楽シーンでも重要度が増しています。このトップライナーコースから高いスキルを身につけ、日本をはじめ世界の音楽シーンの第一線で活躍できるトップライナーが誕生することを強く願っています。

入学案内

入学方法と願書受付期間

AO入学
平成29年8月1日(火)~
平成29年10月16日(月)
推薦入学
平成29年10月1日(日)~
平成29年12月22日(金)
一般入学

高等学校新卒者
平成29年11月1日(水)~
平成30年3月18日(日)

社会人・大学生
平成29年9月1日(金)~
平成30年3月18日(日)

学校法人イーエスピー学園

専門学校ESPエンタテインメント東京
(2018年4月専門学校ESPミュージカルアカデミーより校名変更予定)

入学事務局(本館)

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-3-19
(JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線・高田馬場駅下車、徒歩3分)

0120-37-6986