english 한국어 繁體中文 简体中文
  • ミュージックアーティスト科
    ギターコース〔2年制〕めざせる未来

革新的なプログラムにより
音楽教育に革命をもたらしたコース。

1977年にハリウッドで誕生したMIギターコースは、革新的なプログラムにより音楽教育に革命をもたらしたと言われています。開校以来、何千人もの卒業生を輩出し、今もなお世界のTOPコースとして進化し続けています。MI TOKYOのギターコースにおいても、その世界的に有名な指導(技術の強化、創造性の確立、専門的な知識)を受けることができます。MIのギターコースは、あなたが思い描く“ギタリスト”になるためのトレーニングを提供します。

プログラム

ベーシック & テクニック

  • 科目名
  • 授業内容
  • 解説
Techniqueテクニック 授業内容:ギターテクニック MIオリジナルの解釈であらゆるポジションのスケールとコードを覚え、指板上の全ての音を把握することを目指します。
同時に多くのバッキングパターンも学ぶことで、アドリブソロとリズムギターの両方を実践的に身につけていきます。
Performanceパフォーマンス 授業内容:バンドアンサンブル アンサンブルでの技術を確立するためにバンドサウンドのコントロールや各楽器パートとのコミュニケーションを学びさまざまな音楽ジャンルやグルーヴを実践することで、演奏者としてのスキルアップを目指していきます。
Readingリーディング 授業内容:読譜 初めて楽譜を読む人にも無理なく理解できるよう、基本的なリズムと限られたポジションの読譜からスタートし、多くの楽譜を読み解いていくことで、最終的には初見での演奏にも対応できる技術の修得を目指します。
Rhythm Reading Workoutリズム・リーディング・ワークアウト 授業内容:リズムトレーニング 正確なテンポ・表と裏・そしてさまざまなグルーヴなど、リズムの総合的な体得を通じて演奏技術への応用を目指します。
リズム譜を読むことによって、読譜力のさらなる向上につなげていくことも目標としています。
Harmony & Theoryハーモニー&セオリー 授業内容:音楽理論 コンテンポラリーミュージックの演奏で必要とされる音楽理論を、音程・音階・コード進行の基礎から包括的に学びます。
音楽ジャンル・楽器パートを問わず、音楽の現場で必要となる知識を修得していきます。
Ear Trainingイヤー・トレーニング 授業内容:聴音 音程・コード・コード進行・キーなどを聴き分けることのできる「相対音感」を身につけていきます。
聴音能力を高めていくことで、より音楽を理解し、ステージやレコーディングでの対応力を高めていきます。
Digital Audio Workstationデジタル・オーディオ・ワークステーション 授業内容:音楽制作 パソコンを使用した音楽制作に必要な技術や操作を修得していきます。
DAWソフト「Logic Pro X」の基本操作・ミキシング・マスタリング・シーケンス・サンプリング・レコーディングなどを学んでいきます。
Keyboard Proficiencyキーボード・プロフィシェンシー 授業内容:キーボード 電子ピアノを使用し、コードの仕組み・構成音・基本となる転回型を練習していくことで音楽理論への理解を深め、演奏楽器と作曲ツールの両方でキーボードを使いこなすことのできる技術を身につけていきます。
Songwritingソングライティング 授業内容:作詞・作曲 楽曲のメロディー・リズム・歌詞・アレンジなど、曲作りのための基礎を学びます。
さらに数多くの楽曲を分析することで作曲やトラックメイクのテクニックを理解し、アイデアの引き出しを増やしていきます。
Music Businessミュージック・ビジネス 授業内容:デビュー・就職 多様化する音楽業界の仕組みや著作権の学習を通じて、将来のキャリアプランを組み立てていきます。
またWEBやSNSを活用したプロモーションなどミュージシャンの活動方法も学んでいきます。
English Communicationイングリッシュ・コミュニケーション 授業内容:英会話 身近なトピックを使って楽しみながら英語でのコミュニケーションを学んでいきます。
初歩的な英会話に慣れていくことで、多くの人が苦手とする英語のスピーキング能力の向上を目指していきます。

スペシャルカリキュラム

  • 科目名
  • 授業内容
  • 解説
LPW(Live Playing Workshop)ライブ・プレイング・ワークショップ 授業内容:ライブアンサンブル オールジャンルの課題曲を実際にステージで演奏するライブ形式のアンサンブルの授業です。
毎日開催されているので、膨大な量のステージ経験を積み、さまざまな音楽ジャンルに触れることができます。
Open Counselingオープンカウンセリング 授業内容:自由選択講座 授業の予習・復習や音楽活動の相談、さらにはセッションなど自由な形式で講師からアドバイスを受けることのできる授業です。
日々の課題をこの授業で解決し、さらなるレベルアップを目指していきます。
Electiveエレクティブ 授業内容:選択授業 3ヶ月毎に開講される選択授業でコースを超えて受講が可能です。
授業は各講師のオリジナルの内容で行われ楽器のテクニックやジャンルに焦点を絞ったものや、他コースの基礎技術の修得など多岐に渡ります。

時間割

横スクロールで表全体が閲覧できます。

時間割
9:30-11:00 Technique Harmony & Theory Performance Digital Audio Workstation Ear Training Studio Rental
11:10-12:40 R.R.W (1st term)Songwriting (2nd term) Performance Keyboard Proficiency English Communication (1st term)Music Business (2nd term) Reading
12:50-14:20     Open Counseling    
14:30-16:00     Elective    
16:10-17:40     Live Playing Workshop      
18:00-20:00     Studio Rental    

※カリキュラムは変更になる場合があります。

クローズアップ授業

Technique
ギターテクニック
ギタリストとして必要な技術と知識を身につける。 MIオリジナルの解釈でスケールとインターバルを実践的かつ合理的に学び、フレットボード上のすべての音を把握していきます。またコードシェイプとリズムパターン、コード進行パターンも同時に学んでいくことで、さまざまなポジションにおけるスケールとコードの関係をより深く理解していきます。
Digital Audio Workstation
音楽制作
現代ミュージシャンの必須スキル。 世界中で使われているDAWソフト「Logic Pro X」の使い方を身につけていきます。パソコンの使い方からApple Loopsを使った作曲方法、オーディオの録音編集、トラックのアレンジ、ドラムビートの作成などを学び、実際の楽曲を作成するプロセスを理解していきます。
Harmony & Theory
音楽理論
ハーモニーや音楽理論の徹底した基礎を学ぶ。 ポピュラーミュージックにおけるハーモニーと理論を理解し、演奏や作曲・編曲に欠かせない知識を身につけていきます。音符や休符の書き方や長さの把握、楽譜の読み方から始まり、インターバル、コード、スケール、リズム、キー、コード進行やヴォイシング、記譜法など、音楽の現場で要求される理論を包括的に学んでいきます。
Performance
アンサンブル
インプットした情報をアンサンブルでアウトプット。 Techniqueで学んだスケール・コード進行をReadingで身につけた読譜技術で理解しながら、バンドアンサンブルの中で演奏する実践的授業です。ギタリストとしての引き出しを増やしていくと同時にアンプの使い方やバンドサウンドでの音作りについても身につけていきます。

PICK UP! ELECTIVE『Galaxy of Fingerboard』

岡 聡志ギターコース講師

PROFILE▶︎
Guitar Magazine Championship 2012及びGIT MASTERS 2012にて最優秀賞を獲得。現在はギタリストグループのGuitarists On Demandをはじめ、ライブサポートやレコーディングなどの活動を行っている。

どんなことが学べるの?
鍵盤などと違って12音が均等に並んでいる指板は、一見音名の位置やスケールの形を把握するのが難しそうですが、ある区切り方をすることで劇的に指板を把握しやすくなります。指板上の理解を深めて良いギターライフを!

在校生の声

ギターコース 細村くん (埼玉県出身)

Question
MIに入学しようと思った理由は?
授業内容に実践的なものが多く、Open Counselingもあるので、実際の現場や案件を想定しながら学ぶことができるのと、モチベーションが高い人が多い印象だったので、常に周りに競い合える人がいると思い入学を決めました。
Question
入学前の自分と今の自分での変化はありますか?
今までは感覚でやっていたことを、理論や講師から教えてもらったりしたこと、見て盗んだりしたフレーズをアイデアに落とし込むことで、前よりもプレイやジャンルの幅が広くなりました。また演奏中に心に余裕を持ってプレイできるようにもなりました。
Question
特に頑張って取り組んでいる授業は何ですか?
LPW(Live Playing Workshop)には積極的に参加するようにしています。普段の必修授業や選択授業で学んだことをアウトプットして場数を踏んだり、他の学生や講師の演奏を間近で聴いたりすることが刺激になり、フレーズの引き出しも多くなってきます。
Question
将来の目標は何ですか?
プロギタリストとしてジャンルや型に縛られずにサポートやバンド、セッションなどさまざまな形で活動していきたいと思っています。

プロ講師による体験授業は1日3回!
好きな時間に参加しよう!
OPENCAMPUS 要予約 参加無料
ー[参加者全員にプレゼント!]MI TOKYO オリジナルTシャツ、ネックストラップ、トートバッグ ー
TOP