入試情報

ESP学園(4校)共通

より多くの学生に対し、エンタテインメント業界での学習の機会を提供すべく
音楽に関する知識や演奏技術に関する審査はございません。

入学までの流れ

1

出願書類提出

2

書類審査

3

入学試験

4

入学手続き

5

在留資格申請
(海外在住のみ)

出願方法

出願資格に満たしている出願者本人の個性や意欲などの人物像を本校が求める学生像と照らし合わせて、入学試験の結果に基づいて、合否を決める選考方法。

求める人物像

エンタテインメント業界で活躍する夢の実現をめざし、目的意識を熱意をもって学ぶ意欲のある者

こんな方におすすめ

  • 体験授業、学校見学会、海外/オンライン学校説明会、いずれかに参加した。
  • 学科コースに迷いがない。
  • 日本語能力に関する資格を持っている。

出願書類と入学試験の結果に基づいて、本人の入学意思や日本語能力などを審査します。
出願資格に満たされる方、出願することができます。

出願資格

音楽・楽器・エンタテインメントに深い興味を持ち、留学の目的が明確であり、向学意欲旺盛で下記の全ての項目を満たしている者

1.年齢が18歳以上(入学年度4月1日時点)で学校教育における12年の課程(高等学校相当)を修了した者またはこれに準ずる者

2.次のⓐ・ⓑ・ⓒ・ⓓ・ⓔ いずれかに該当し、日本語による授業に差し支えのない者

  • ⓐ 「日本語能力試験(JLPT)」のN1またはN2 (1級または2級)
  • ⓑ 「日本留学試験(EJU)」の日本語科目200点以上
  • ⓒ 法務大臣が告示をもって定める日本語教育施設において、「留学」または「就学」の資格で満6ヶ月以上の日本語教育を受けた者で、日本語学校の成績・出席率が良好な者
  • ⓓ 「BJTビジネス日本語能力テスト」で400点以上を取得した者
  • ⓔ 学校教育法第一条に規定する学校において1年以上の教育を受けた者

3.留学中の学費と生活費のための充分な資金がある者

●「AO入学」の場合、上記1、3に満たしている以上、且つオープンキャンパスに参加したことがあり、上記2のⓐ・ⓑ・ⓓ いずれかに該当する方が対象となります。
※オープンキャンパス:体験授業、学校説明会・海外説明会、平日学校見学会、希望校のオンライン学校説明会のいずれか
● 「一般入学」の場合、上記1~3に該当すれば出願ができます。
● 「留学」以外の在留資格をお持ちの方および出願資格 1 に該当しない者について、事前に志望校までお問い合わせください。

音楽・楽器・エンタテインメントに深い興味を持ち、留学の目的が明確であり、
向学意欲旺盛で下記の全ての項目を満たしている者

1.年齢が18歳以上(入学年度4月1日時点)で学校教育における12年の課程(高等学校相当)を修了した者またはこれに準ずる者

2.次のⓐ・ⓑ・ⓒ いずれかに該当し、日本語による授業に差し支えのない者

  • ⓐ 「日本語能力試験(JLPT)」のN1またはN2 (1級または2級)
  • ⓑ 「日本留学試験(EJU)」の日本語科目200点以上
  • ⓒ 「BJTビジネス日本語能力テスト」で400点以上を取得した者

3.留学中の学費と生活費のための充分な資金がある者

●「AO入学」の場合、上記1、3に満たしている以上、且つオープンキャンパスに参加したことがあり、上記2のⓐ・ⓑ いずれかに該当する方が対象となります。
※オープンキャンパス:体験授業、学校説明会・海外説明会、平日学校見学会、希望校のオンライン学校説明会のいずれか
● 「一般入学」の場合、上記1~3に該当すれば出願ができます。
● 「留学」以外の在留資格をお持ちの方および出願資格 1 に該当しない者について、事前に志望校までお問い合わせください。

出願日程および流れ

AO入学

一般入学

出願について

出願書類

入学試験

  • 筆記 日本語能力(JLPTのN2レベル)の確認
  • 作文 2テーマ(1テーマにつき400字程度)
  • 面接 15~20分程度 
※筆記の免除について
日本語能力試験(JLPT)N2以上、日本留学試験(EJU)日本語科目200点以上、
またはBJTビジネス日本語能力テスト400点以上を取得されている方は、筆記試験を免除いたします。

※オンライン受験について
海外や遠方にお住まいの方を対象とします。試験日に渡日せずに受験することができます。
詳細は出願後にお知らせします。

在留資格

日本在住で、「留学」の在留資格をお持ちの方は、在留期間の更新が必要です。

↓在留期間が入学年度4月30日までの方
入学前に自分で入国管理局へ行き、「在留期間更新許可申請」をしてください。

↓在留期限が入学年度5月1日以降まである方
ESP学園が本人の代わりに、「在留期間更新許可申請」が可能です。

※入学試験を合格後の日本語学校の出席率も入国管理局へ提出します。
日本語学校の出席率が低い場合、入学後の「在留期間更新」が不許可になります。

ESP学園が「在留資格認定証明書」の交付申請を行います。
「在留資格認定証明書」が交付され次第、出願者へ送付します。
自国の大使館などで留学VISAの申請を行ってください。

「留学」以外の在留資格をお持ちの方は、出願前に本校までご相談ください。
入学前に、「在留資格変更」または新規での「留学」の在留資格取得が必要です。