【活躍する卒業生】斉藤和義さんの機材リペア(修理)も 手掛けるギタービルダー豊崎貴志さん

斉藤和義さんとツーショット写真
写真左:斉藤和義さん/写真右:豊崎貴志さん/撮影:星野俊さん

アーティスト斉藤和義さんの機材リペア(修理)を始め多くのトップミュージシャンのギター製作や、リペアを手掛けるギタービルダー豊崎貴志さんの工房にお伺いして学生時代について、仕事についてインタビューさせて頂きました。

——ESP学園に入学しようと思ったきっかけはなんですか?
高校時代にギターを始めたんです。その時、弾くだけではなくギター雑誌の「ギター改造特集」が好きでそれに習って自分の持っていたギターをさんざん改造していた高校生だったんです。そんな中で進路どうしようと思っていた時にESP学園を知ったんです。
色々と調べたら「ギターをつくる事」ができると知って「これが学べる学校なんてあるんだ」と…「ギターを自分でつくる」という未知の領域に魅力を感じてしまったのがきっかけです。

——学校でためになった事、印象に残っている事はありますか?
学校で習った事が今でも仕事の基本となっているので「何が」っていうわけではなく大事な事を色々と教わったなと思います。

——授業以外での学校生活での思い出や心に残っている事はありますか?
休憩時間の何気ない雑談をしていた時、楽しかったですね。全国から学校に集まっていたのでその地域とかの話をしていたのが面白かったです。今でもたまに学生時代の仲間と連絡とったりしています。

【仕事について】

——仕事で楽しいと感じる事、やりがいはなんですか?
自分がつくったギターや修理したギターがテレビに映った時はテンションが上がりますね。
それとライブに招待されたりもするんですがステージ上でその楽器を見た時は一番テンションが上がります!(笑)

——仕事で辛いところはありますか?
大切なものを預かって修理したり「一生のもの」をつくったりしますので「失敗してはいけない」というプレッシャーはすごいかかります。

——仕事を継続していく上で大切にしていることは何かありますか?
依頼して頂いた方に自分の考えを押し付けすぎないという事は大切だと思います。みなさんの大切な楽器ですし、それぞれの想いもあるものなので要望を出来る限り聞いて形にしていくという事が大切だと思います。

——最後にこのお仕事に興味がある方に一言アドバイスをお願いします。
「楽器が好き」「いじるのが好き」「やってみたい」「つくってみたい」という好奇心が大切だと思います。自分の好奇心を信じて正直に生きた方がいいと思います。それと、学生時代、ESP学園で知り合った仲間が音楽業界に今たくさんいるので仲間から仕事を紹介してもらったり、人を紹介してもらったりしています。仲間との繋がりは本当に大切だと思います。

 

<編集後記>
豊崎さんの工房は友人と一緒にご自宅をリフォームしてご自身で造られたそうです。昨年にはお子様もお生まれになり、今は奥様と3人で暮らしていらっしゃいます。仕事が終わったらすぐに家族とも会えますし、子育てにも理想の環境ですね。落ち着いたら学校へも特別ゼミなど、後輩たちの指導にも来てくださいね!
これからもますますのご活躍をお祈りいたします。

(専門学校ESPエンタテインメント東京 企画広報課)

一覧へ戻る