池永千比呂

ギター製作コース(3年制)

ESP STUDENT

SCROLL

消えることのない情熱を
4年越しに爆発させて!

PROFILE

池永千比呂

Q高校の時の部活

弓道部

Q現在のアルバイト

スタジオ

QESP学園に入学する前

4年制の大学に通っていた

Qライブの衣装

はっぴとサングラス

絶対にムダにしない、未来につなげた4年間。

私はこの春に大学を卒業してから、ESP学園に入学しました。本当は高校を卒業したら、すぐにこの道に進みたかったんです。でも、高校の先生や家族と相談した結果、1校だけ受験することになり、変な言い方ですけど、合格してしまって……。合格通知を見たときは逆の意味で号泣でしたよ(笑)。その日以降、より一層、音楽のことが頭から離れず、ずっと考えていました。小さい頃から、この業界に進むのが夢だったんです。ただ、嫌々だった大学生活も、無駄な4年間だとは思っていません。たくさん時間があったから、高校からつづけていたバンドにも力を入れられたし、アルバイトでお金を稼いだり、興味のある授業を取ったり、色々と得ることは多かったように思います。でも、4年の間、ずっと音楽業界に進むことを諦めることはできませんでした。大学を卒業するギリギリまで、就職するか、ESP学園に行くか、はたまたフリーターになるか、悩んだ末に進学を決意したんです。
だから今は、本当に毎日が楽しいですよ! それは、好きなことができているから、ということもありますし、「ようやくできる」という充実感もあるのかもしれませんね。

その日以降、より一層、音楽のことが頭から
離れず、ずっと考えていました。小さい頃
から、この業界に進むのが夢だったんです。

ステージの外でもアーティストでありたい!

バンドをはじめたのは、高校2年生のとき。だから、もう7年目ですね。私の担当は、ベースとホイッスル、あとは爆弾です(笑)。ベースから爆弾が爆発するような音を出しています! 金髪にしているのは、バンドのためでもあるんです。ライブの時には、はっぴを羽織って、派手なサングラスまでしています。ここまでするのは、観に来てくれた人に少しでも覚えて帰ってもらうため。ベースってボーカルやギターと違って目立つのが大変なんですよ(笑)。バンドとしてこれからも成長して、それが仕事になれば最高ですし、もちろん目指すところではあります。ただ、自分がプレイヤー以外の側面からも音楽に携わりたいという気持ちもあって、ギター製作の道を選びました。需要もあるし、専門職ですから、しっかりと学びたかったんです。1作目であるテレキャスターは宝物ですね。いわば、ようやくはじまったクラフトマン人生の第一子。私はギターが弾けないので、友人に使ってもらっています。「すごくいいね!」って言ってもらったときは感無量でした。
私生活でのいまの目標は、一人暮らしをすること。ただ、学費やバンドにかかるお金、貯金などを考えると、ちょっと厳しいんです。春からスタジオでのアルバイトもはじめて、学校終わりから終電まで、週4日くらいのペースで働いていますね。あとはバンドのリハやライブがあるので、外に出ない日はないというくらい、がむしゃらに過ごしています! 

プレイヤー以外の側面からも
音楽に携わりたいという気持ちもあって、
ギター製作の道を選びました。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    きれいな金髪を
    維持し続けること

  2. 02MYRULE

    ビタミン不足を補うために、
    毎日寝る前に
    オレンジジュースを飲むこと

  3. 03MYRULE

    電車では寝ない

わたしの宝物TREASURE

結成7年になるバンドのメンバー

ESP学園に入学してから製作した1作目のギター

GROOVYのサングラス

GALLERY

池永千比呂のギャラリー

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京