根岸健太

管楽器リペアコース

ESP STUDENT

SCROLL

2時間の通学もなんのその。
パワーの秘訣はメロンパンにあり!?

PROFILE

根岸健太

Q高校時代のクラブ・委員会

吹奏楽部

Q音楽の道を志したのは

中学生の時

Q好きなアーティスト

亜咲花、清水大輔

Q高田馬場のオススメのお店

東京メロンパン

部活中のとある出会いが、人生を変えた!

僕が音楽の道を意識したのは、中学の頃。当時、所属していた吹奏楽部に、楽器屋さんのスタッフが来て、目の前で、あらゆる楽器をササッと直していく姿を見て「カッコいい!!」と思ったんです。あれが人生の岐路でしたね。高校時代も吹奏楽に力を入れていて、音大受験を考えたこともありましたが、恩師とも言える担任の先生の言葉に 背中を押されて、リペアの道に進むことにしました。「専門学校に行きたい」と親に伝えたのは、高校3年生の冬。ギリギリのタイミングでの大きな決断だったので、そこからはいろいろとありましたが、最終的には「自分で決めたなら」と応援してくれました。本当に感謝していますね。ESP学園に決めた理由のひとつに、実家から通えるという点があります。ただ、通学時間は、片道約2時間。だから電車に乗っている間も、YouTubeでオーケストラの動画や、自身の楽器であるチューバ奏者の動画を観たり、また 授業の復習をしたりして、有効活用していますよ。 クラスはみんな仲が良くて、先生も面白い人ばかり。授業も真剣に取り組む時と、笑いながらワイワイと進める時と、メリハリがきいていますね。また、リペアだけでなく、演奏する授業もあって、これまで演ってこなかった楽器に触れることもあります。すごく刺激がありますね。

あらゆる楽器をササッと直していく
姿を見て「カッコいい!!」と思ったんです。
あれが人生の岐路でしたね。

吹奏楽だけだった自分に、革命を起こせ!!

今は授業のない午前中に、免許の教習所に通っています。だからアルバイトもまだ始めていません。すべては免許をとってからですね。夜は家で好きな動画を観たり、友達とSNS上でやりとりをしたり。もちろん学校のクラスメ イトと遊ぶこともありますよ。授業終わりに大人数でご飯に行ったり、買い物に行ったり。よく行くのは、高田馬場の『東京メロンパン』。学校のすぐ横にあることもあって、毎週木曜日は必ずといっていいほど、クラスメイトと一緒に通っています(笑)。好きなアーティストは、まずは亜咲花さん。彼女は同い年のシンガーで、主にアニメやゲームの曲を歌っています。やはり同じ年数を生きてきて、その中で培われたものを表現していると思うと、親近感が湧きますね。あとは作曲家の清水大輔さん。同じ神奈川県出身で、僕が通っていた高校にも楽曲を寄贈していました。実は、演奏会で1度、となりに座ったことがあるんですよ! 僕は中学の頃から、本当に吹奏楽だけの人間でした。聴いてきた音楽も、オーケストラのものばかり。だからよく まわりの友達からも「変わっている」って言われて(笑)。でもせっかくESP学園に来たので、これからは、ポップスやバンドサウンドにも触れていきたいと思いますね。

せっかくESP学園に来たので、これからは、
ポップスやバンドサウンドにも
触れていきたいと思いますね。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    月に1度は必ず
    CDショップか楽器屋に
    行くこと!

  2. 02MYRULE

    常日頃から
    自分の道具の整理整頓!

  3. 03MYRULE

    なるべく早起きする!

わたしの宝物TREASURE

自分の楽器

カナディアン・ブラスのサイン入りCD

誕生日に友達からもらった『クジラの骨』

GALLERY

根岸健太のギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京