渡會良美

ギターデザインコース

ESP STUDENT

SCROLL

悩んで、遠回りしたからこそ、
私は今ここに立っている!

PROFILE

渡會良美

Q好きなアーティスト

シド

QESPに来る前

別の専門学校で作曲を学んでいた

Q現在のアルバイト

ネットカフェ

Q高校時代のクラブ・委員会

風紀委員会

自分が作るべきものは……?

実は私、ESP学園に入学する直前まで別の専門学校に通っていました。ひと言でいうと、ここのライバル校ですね(笑)。そこでは作曲関連の勉強をしていました。作曲からギターデザインへの移行は意外だと思われるかもしれませんが、ちゃんと経緯があるんです。小学校5年生くらいの時にシドというバンドに出会って、音楽を好きになりました。主にロックやバンド系が好きなのですが、好きなバントをひとつだけ挙げるとしたら、昔も今もシドですね。 高校生になって、自分でもベースを弾くようになってからは「音楽に携わる仕事をしたい」と考えるようになりました。そこで、最初の候補になったのがESP学園のギター製作系の学科だったんです。「大好きなアーティストの楽器をつくりたい」という思いでした。ただ、進路を決めるタイミングでは、曲作りにも興味を持ちはじめていた時だったんです。そして悩んだ結果、別の学校を受験。でも、すぐに「作るものが違う」って思いました。私がつくるのは曲じゃないって。
ここに入学してからは、まともに学校に通うようになりました(笑)。朝起きて、準備をし、1時間もかけて。たぶん、やっていることが自分に合っているんだと思います。ちょっと回り道をしてしまいましたが、はじめて音楽業界を目指した時に立っていたかった場所に戻って来られました。人生に、回り道って大事ですよね!

はじめて音楽業界を目指した時に
立っていたかった場所に戻って来られました。
人生に、回り道って大事ですよね!

この場所で、自分が納得する1本を!

はじめて両親に「音楽の専門学校に行きたい」と伝えた時に、父が「いいんじゃない」って言ってくれました。学費もあるし、一人暮らしをしながら通うことは、かなりお金がかかることです。さらに私の場合は途中で分野を変えたいと思ってしまって……。さすがにその時は、同じ専門学校の中で転科しようと考えたんです。でも「ギター製作をやりたいならESP学園に行きなさい」って応援してくれました。私が前の学校とESP学園で悩んでいることを知ってくれていたんだと思います。だから、両親のためにも、頑張りたいんです。
学校以外のことで地方から東京に出てきたメリットは、ライブにたくさん行けるようになったこと。今年、シドが15周年なんですけど、元日の公演にも行くことができましたし、6月には4公演も参戦できました。
だからといって、学業もおろそかにはしていませんよ(笑)。授業ではちょうど2本目の製作に入ったところ。入学して最初の1本は、全学生共通でテレキャスタータイプのギターをつくります。だから、今回はベースに挑戦中です。本格的な製作はこれがはじめてになるので、自分で「カッコイイ!」と思える作品をつくりたいですね。将来的には、製作かリペアの道に進みたいと思っています。私はギターデザインコースなので、CADなどデジタルツールもしっかりと身につけたいですね。そして、夢は憧れのアーティストの1本を担当すること!
あと、事前のアンケートでどうしても埋められない項目があったんです。それが『マイルールを教えてください』というもの。どうしても、何かに縛られるのが嫌いなんですよ。だから、自分でそれを設けることもしません。今ここで、唯一ルールを出すとすれば『ルールを持たないのがルール』ですかね(笑)

今ここで、唯一ルールを出すとすれば
『ルールを持たないのがルール』
ですかね(笑)

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    ルールを持たないのがルール!

わたしの宝物TREASURE

シドの明希のチェキ

マイ楽器1

マイ楽器2

GALLERY

渡會良美のギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京