和田翔太

ピアノ調律コース

ESP STUDENT

SCROLL

黙々と1音1音を丁寧に。
今度は自分が合わせる番だ!

PROFILE

和田翔太

Q高校時代のクラブ・委員会

吹奏楽部

Q音楽の道を志したのは

小学4年生の時

Q現在のアルバイト

スーパー

Q友達とでかける場所

カラオケ、楽器店、ゲームセンター

衝撃の出会いが、大きな決断に!

母がピアノの先生をやっているということもあり、幼い頃からさまざまな楽器に囲まれて育ちました。僕自身も幼少期からピアノをはじめて、小学校3年からは金管バンドに所属、中学から高校までは吹奏楽部、そしてESP学園に入ってからもウインドオーケストラサークルでアルトサックスを担当しています。
音楽業界へ進むと決めたのは、小学校4年生の時。はじめて生で楽器のリペア師を見たのがきっかけですね。それ以来ずっと「自分もリペア師になりたい!」って思いつづけていました。
でも、今、僕が通っているのはピアノ調律コースです。ずっとリペアの道で揺るがなかったのですが、高校生の時に転機が訪れました。それは地元市民が出演する音楽会にボランティアで参加したときのこと。その公演ではゲストでプロのピアニストの方が登場することになっていました。もちろんプロが使うピアノなので、調律師が会場に来ていたんです。会場の誰ひとりとして判別できないような、微妙な音のズレを聴き分けて、整えていく姿がものすごくかっこよかった。もう、一目惚れです。
それから進路を決める、最後の最後まで悩みました。ESP学園なら、リペアも調律も同時に勉強することもできたのですが、ひとつの道を極めたいと思い、最終的には、国家資格がある調律師に決めたんです。このコースは毎日、1コマは必ず調律の授業があります。教室を見てもらえればわかりますが、個室にアップライトピアノがあるだけ。そこに入ったら黙々と音を合わせていきます。これを繰り返すことで、精度とスピートを上げていくんです。クラスメイト同士は仲もいいですし、和気あいあいとしていますよ。

微妙な音のズレを聴き分けて、
整えていく姿がものすごく
かっこよかった。もう、一目惚れです。

一人暮らしで生き抜く秘訣は○○○○○!

今は実家を出て一人暮らしをしています。学生寮に住んでいますが、決め手は防音室があったこと。さすがに自分の部屋にはありませんが、予約をすれば誰でも使えるようになっているんです。中学3年から続けている、サックスの練習に活用しています。
また、春からアルバイトもはじめました。自由に使えるお金を稼ぎたいという理由もあるのですが、1番の目的は5月病対策ですね(笑)。当たり前ですが、一人暮らしをしていると、ひとりの時間が長くなります。帰っても誰もいないから会話もない。最初のうちは、それも気楽でいいかもしれないと思っていたのですが、僕の場合は1か月もしたら、その状況にも飽きると分かったんです。だから、学校以外でも人と接する機会を持つようにしました。社会に出たからこそ学べることも多いんだと実感しています。
クラスメイトとは、趣味の話で盛り上がることが多いですね。アニメや声優さんが好きなのですが、僕よりもずっと詳しい友人がいるので、色々と教えてもらっています。よく友達と出かけるのは、高田馬場だとBIGBOXやスタバが多いですね。あと音楽の専門学生らしいことと言えば、楽器店をめぐることくらいかな(笑)
やっぱり、自分と楽器は切っても切れない関係なので、生活の中に常にあるものですね。メンテナンスはもちろん欠かせませんし、ESP学園に入ってからは、調律の道具箱に入れる道具の位置も細かく決めています。作業するときに、「ここに何があって、あそこには何を入れている」というのが、見なくてもすべて分かる状態になれればベストですね。

メンテナンスはもちろん欠かせませんし、
ESPに入ってからは、調律の道具箱に
入れる道具の位置も細かく決めています。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    毎年、家族と初詣に行く

  2. 02MYRULE

    楽器の管理を欠かさない

  3. 03MYRULE

    工具箱に入れる
    道具の配置を決める

わたしの宝物TREASURE

アルト・サックス

これまでに演奏してきた楽譜

クロスバイク

GALLERY

和田翔太のギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京