-SSS-

ヴォーカルコース

ESP STUDENT

SCROLL

はじめて歌で感動した。
初期衝動を胸に刻んで、道を拓いて。

PROFILE

-SSS-

Q好きなアーティスト

04 Limited Sazabys

Q毎日の日課

友人と公園に集まる

Q休日の過ごし方

楽曲制作

考えて、努力して、掴み取った音楽の道。

高校2年生のとき、EXILE THE SECONDのライブを観て感動したのが、ヴォーカリストになりたいと思ったきっかけです。それから、自分で貯めていたお金を使い、ヴォーカルスクールに通いはじめます。しかし、両親からは「本当にそれを職業にするの?」と反対されていたんです。それがものすごく悔しくて、どうすれば認めてもらえるのかを、ずっと考えていました。曲をつくってみたり、いろいろなライブイベントに出演してみたり。1年くらい、そうした活動をつづけて、高校3年の進路を決める時期に、改めて「ESP学園に入って、本気で音楽を学びたい」と伝えました。それまでの姿をみてくれていたのか、今度は「良いよ」と背中を押してくれたんです。
まだ入学して数ヶ月ですが、中学からの友人とラップユニットを組み、ソロでも活動をはじめました。また、バンド形式でトレーニングを行う、アンサンブルという授業で出会った人と、バンドも結成したんです。それぞれの活動で忙しくはなりましたが、自分がやりたいと思っていたことには、すべて挑戦できています。
ここでの2年間は、オリジナル楽曲を制作し、積極的にライブをすることで経験を積みたいと思っているんです。もちろん、ボイトレや音楽理論などの基礎も、授業でしっかりと身につけて、成長していきたいですね。

ものすごく悔しくて
どうすれば認めてもらえるのかを、
ずっと考えていました。

これからは、世の中に認められる存在に。

ESP学園に入学してからは、これまで以上に音楽への意識が高くなりました。特に曲作りに関しては、少しでも時間があれば、パソコンに向かって作業をしています。学校もアルバイトも休みの日には、朝から晩までずっと。集中していると、自然とメロディーや歌詞が浮かんでくるので、音楽のこと以外を考えたくないんですよね。だから、トイレ以外に、離れることはありません。
音楽漬けの毎日ですが、ある日課ができました。それが地元の友人と、毎晩集まって、軽く話をするというものです。小学校や中学校の友人たちが、約束したわけでもないのに、近くの公園に集合するんですよ(笑)。大学に進んだ人や公務員の勉強をしている人、格闘技をしている人と、それぞれの道で努力しています。他愛もない話題ばかりですが、それが刺激になったり、息抜きになったりしているんです。作詞も作曲もするので、そういった日常も大切にしながら、自分の世界観をつくり上げていきたいですね。誰からみても「あいつを聴いておけば間違いない」と言われるようなアーティストになるのが、いまの目標です!

誰からみても
「あいつを聴いておけば間違いない」
と言われるようなアーティストになる

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    必ずYouTubeを観てから寝る

  2. 02MYRULE

    10分以上、湯船に浸かる

  3. 03MYRULE

    トラック制作を少しでも進める

わたしの宝物TREASURE

iMac

サイン

04 Limited Sazabysとの写真

GALLERY

-SSS-のギャラリー

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京