イエリン

ピアノ調律コース

ESP STUDENT

SCROLL

いつか、また帰る。
だからこそ、今を全力で楽しんで。

PROFILE

イエリン

Q好きなアーティスト

ONE OK ROCK、The Chainsmokers

QESP学園に来る前

韓国で音大に通っていた

Q現在のアルバイト

ファーストフード店

Qこれから取り組みたいこと

漢字の勉強

反対を押し切り、自分の夢を突き進んだ過去。

私がピアノを始めたのは、5歳のとき。小学5年生になった頃には、より本格的に学びたいという気持ちが生まれ、ピアノ専攻の中学に行きたいと両親に伝えました。当時は週に1度、大学教授の方にレッスンをしてもらう生活。しかし、さらなるレベルアップをしたくて音楽芸術総合大学を目指すようになったんです。でもこのとき、両親には反対されてしまいます。「ピアノで上を目指すのは簡単じゃないこと。わざわざ大変な道を選ぶ必要はない」と、心配してのことだったようです。ちなみに、母は日本人で、父は韓国人。私は2ヶ国語を話せるので、語学を生かした職に進む方がいいのではないかという提案もされました。それでも私は諦められなくて、試験をうけた上で判断することになります。結果は、見事合格。そこからは、背中を押してくれるようになりました。
大学に入ってからはアルバイトで、ピアノの講師も経験します。対象年齢が5歳から14歳までと幅広く、保育園の先生のように一緒に遊びながら弾いたり、受験を控えていた学生に教えていたりと、一人ひとりにあった指導方法をとっていました。卒業を控えた頃には、演奏者としての知識だけでなく、楽器としての構造や扱い方を学びたいと感じるようになり、進学を決めます。実は講師として教えている時に、学生からよく「どうしてピアノは音がでるの?」と聞かれることがあり、うまく答えることができませんでした。調律を学べば、そういった疑問に対して、正しい知識で返すことができるし、自分でメンテナンスすることもできると思い、憧れだった日本の専門学校を選びます。その中で見つけたのが、ESP学園です。日本語を喋ることができたのですが、漢字の読み書きには不安があったため、留学生として入学を決めました。

演奏者としての知識だけでなく、
楽器としての構造や
扱い方を学びたい

“普通”の学生生活を、悔いなく過ごす。

日本に来たばかりの頃は、慣れない環境の中で、文化の違いなどもあり、韓国にいる両親や友人に会いたくなる日々が続きました。しかし今は最高の仲間に囲まれているので、寂しくはありません。もちろん故郷が恋しくなることもありますよ。なので、わりと頻繁に韓国には帰っていますね。ただ、学内にも韓国からの留学生がたくさんいるんです。その人たちとは、同じような経歴を持っていることも多くて、打ち解けるのも早く、会ったその日に新大久保に遊びにいった友達もいます。私が在籍している午後クラスは、8人全員が女の子。ピアノを専攻してた学生が少なく、クラリネットやフルート、トランペット、エレクトーンといった、いろいろな楽器をやってたことに驚きました。みんな明るく活発で、一緒に遊園地に行ってはしゃいだり、映画を観たりと、楽しい日々を送っています。大学の頃は、「クラスメイトみんながライバル」という意識が強かったので、今やっと普通の学生生活を送ることができている気がしますね。
今は祖父母の家で暮らしていて、アルバイトはファーストフード店。韓国にいた時はピアノ講師をしていたので、座りっぱなしの仕事でした。そして何より、親御さんから「この子をお願いします」と頼まれる立場。それとはまったく違う業種で、体力的にもきつく、何より敬語の難しさに苦戦しています。しかし、これまで受験などで苦労してこなかった分、ここで社会経験ができていると前向きにとらえるようにしているんです。
休日はピアノを弾いたり、韓国のテレビ番組をネットで観たりしながら、過ごしています。あとは音楽を聴いて、リラックスしていますね。以前、音楽療法の先生にお話を聞く機会がありました。多くの人は、悲しいことや落ち込むことがあると、テンションを上げるために明るい曲を聞きますが、それは逆効果らしいんです。共感できる音楽を聞くことが、心にも体にも効果的であると教えてもらいました。それを実践しています。
卒業後は、韓国に戻って、もう一度、ピアノ講師を経験して、将来的には自分の教室を持ちたいと思っています。だからこそ、日本にいる間は、たくさんの思い出をつくって、残りの学生生活も悔いのないように過ごしたいですね。

たくさんの思い出をつくって、
残りの学生生活も悔いのないように
過ごしたいですね。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    嫌なことがあったら
    寝て忘れる。

  2. 02MYRULE

    やりたいと思ったら
    必ずやってみる。

  3. 03MYRULE

    自分の感情を隠して
    ガマンしない。

わたしの宝物TREASURE

ピアノ

トロフィー

楽譜

GALLERY

イエリンのギャラリー

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京