大木 香怜良

ベースコース

ESP STUDENT

SCROLL

これぞ、バンドの醍醐味。
私たちは、まだ誰も知らない曲を歌っている。

PROFILE

大木 香怜良

Q好きなアーティスト

ONE OK ROCK、RADWIMPS、SEKAI NO OWARI

Q幼い頃に抱いていた夢

女優

Q現在のアルバイト

居酒屋

Q学校以外の時間で頑張っていること

ダンスレッスン、中国語・台湾語・韓国語の勉強

いつの間にか取り憑かれていた、低音の魅力。

私はもともと吹奏楽部でバリトンサックスを担当していました。とても低い音の出る楽器です。でもそれは自分で選んだわけではなく、割り振られただけですけどね。高校生になってからは、ONE OK ROCKやRADWIMPSなどのロック系の音楽を聴くようになります。その中で、自分が自然と低音に惹きつけられていることに気がつきました。その後、自分でもバンドをやろうと思うのですが、高校には軽音楽部がありません。部を立ち上げようとしたのですが、結局は学校の外の人たちと組むことで落ち着きました。その時はドラムを叩いていたのですが、ベースが脱退したのを機に転向。バンドをはじめた時には、もう「音楽で飯を食っていくぞ!」って決めていました。
両親にそれを伝えた時はやっぱり心配されました。ただ、「やりたいことをやる」というのが、我が家のスタンス。だから、反対されたわけではなく、「将来の職はどうするの?」という問いかけだったんです。その時は「しばらくはフリーターになるかもしれないけど、音楽をやる」と説得しましたね。専門学校に進学してベースを学ぶと決めたのもその頃。音楽や楽器に関しては、たくさんのお金をかけてでも、勉強する価値があると思ったんです。ESP学園は講師の方々や設備は申し分なく、また、バンドとして成長するための制度もしっかりとあったので、入学を決めました。
高校2年のときにはオープンキャンパスにも参加しましたよ。でも、当時はドラムコースを受講。学校に通うようになってから、ドラムコースの先生に会ったときに「なんでベース?」って言われますね(笑)

バンドをはじめた時には、
もう「音楽で飯を食っていくぞ!」って
決めていました。

“バンドマン”として、かっこよく、これからも生きていく。

幼い頃はテレビや映画で活躍するような女優になりたいと思っていました。だから、高校も演劇部のあるところを選んだんです。実際に、体験入部もしたのですが、「なんか、想像と違う」と、入部はしませんでした。今は音楽があるので、まったく後悔していませんよ。演劇をやっていたら、音楽の道には進んでいなかったかもしれませんから。
ESP学園のベースコースに入ってよかったと思うことはたくさんあります。たとえば、すぐ隣にライバルがいるということ。また、独学では分からないままだったであろう方法論や音楽理論、音の捉え方などをしっかりと学べるということです。また、講師の方々はプロなので、曲の中でのベースの役割やドラムパターンとの組み合わせなど、非常に高いレベルで考えて弾かれています。演奏技術はもちろんですが、そういった繊細な部分にこそプロとアマチュアの違いがある気がしますね。
また、今年の4月から新しいバンドで活動をはじめました。ドラムコースとギターコースの人などが集まって行う授業があり、そこでメンバーと出会って、結成。当初はヴォーカルもいたのですが、脱退してしまったので、私がベースヴォーカルとなり、3ピースでやっています。私たちの特徴はドラムが作詞・作曲を手がけているということです。最初の1曲をつくる時は、かなり時間もかかり苦労しましたが、最近は、お互いの感覚や、制作の流れを理解しあえてきたので、バンドとして軌道に乗ってきていると思います。でも、ドラムがつくる曲なので、リズムがめちゃくちゃ難しいんですよね(笑)。「ココ、16のウラから入って」というような指示があって、最初の頃は「えっ?」ってなっていました。それでもオリジナルの楽曲を演奏して、歌えるのはとても楽しいです。「いま、この世界中でこの曲を歌えるのは私だけ!」ってなんだかかっこいいじゃないですか! 夢は今でも変わらず、バンドマンとして生きていくこと。そのために、このメンバーで、早くライブをしたいと思います!!

「いま、この世界中でこの曲を
歌えるのは私だけ!」って
なんだかかっこいいじゃないですか!

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    ファッションなど
    見た目にも気を抜かない

  2. 02MYRULE

    たくさん本を読む

  3. 03MYRULE

    やりたいこと、
    行きたい場所などに
    お金を惜しまない

わたしの宝物TREASURE

ESP学園に入学する時に購入したベース

幼い頃からお気に入りのブランケット

Q&Aダイアリー(5年用)

GALLERY

大木 香怜良のギャラリー

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京