藤 有紗

シンガーソングライターコース

ESP STUDENT

SCROLL

ずっと心にあった、ひとつの思い。
それが、モヤモヤから自分を救った。

PROFILE

藤 有紗

Q幼い頃の夢

パティシエ

Q好きなアーティスト

阿部真央、YUI

Q現在のアルバイト

居酒屋

Qバイト代の使い道

新しいアコギを買う

はじまりは、突然な無茶振りから!?

私が通っていた小学校には部活動がありました。ただ、選択肢が、サッカー、バスケ、吹奏楽の3つだけ。球技が苦手だったので「まあ、音楽にするか……」くらいの気持ちで吹奏楽を選び、そのまま高校までずっと、トランペットを吹きつづけることになりましたね(笑)
はじめてギターを弾いたのは、中学生の頃。先輩から「バンドを組むためにギターを探している」と言われ「お兄さん、確か去年の文化祭でギターを弾いていたよね? じゃあお願い!」というめちゃくちゃな理由でメンバーに入ったんですよ(笑)。もちろん、兄がやっていたからといって、私が弾けるわけではありません。頑張って練習しましたが、本番はボロボロでしたね……。それからは、自然とギターにさわる時間も少なくなっていきました。でも、ある日、なんとなく思い立って、練習をはじめます。バンドは組んでいなかったので、高校生になってからは、「弾き語りをしたいな」という思いで、エレキをアコギに持ち替えました。ただ、高校も軽音楽部がなかったので、吹奏楽部。1、2年の時は、そっちを優先していたので、誰かに聴いてもらう機会はありませんでした。はじめて人前で弾き語りを披露したのが、高校3年の文化祭です。ものすごく緊張しましたが、「楽しい!」という気持ちが強かったと思います。
正直、当時は将来について、「何になりたい」とか「この勉強をしたい」というものがありませんでした。だから、「このまま、何も考えず、大学に行くのも……」とモヤモヤしていたんです。それでも、ひとつだけ、ずっと心の奥にあったのが「歌をうたいたい」という思い。そこで、一念発起し、音楽系の専門学校のプレスクールや体験入学に参加して、東京にあるという理由でESP学園への入学を決意したんです。

ひとつだけ、
ずっと心の奥にあったのが
「歌をうたいたい」という思い。

0からのスタート。想いが伝わる言葉を探して。

高校の頃から弾き語りはしていましたが、ESP学園に入学するまで、オリジナル曲は1曲もありませんでした。今は授業で音楽理論や基本となるコード進行などを学びつつ、作詞や作曲に挑戦しています。もちろん、楽器や歌唱のトレーニングも欠かせません。入学から半年が経って、ようやく4曲を完成させることができました。曲づくりで、私が一番難しいのが“作詞”です。自分の中にある伝えたい想いを、明快に表現する言葉が、なかなか出てこない。いつも「なんかちょっと違う」との戦いですよ(笑)。
入学してから変わったことは、とにかくメモを取るようになりました。すべてが歌詞の種になるので、日常で思ったことや、ふとした光景なども、メモです! 先日、知人の結婚式に参列したのですが、その日にメモったイメージから1曲つくることができましたよ。
作曲については、しっかりと勉強すれば、なんとかカタチになりますね。ギターでコード感を掴んだり、ピアノでメロディを探したり。あとは、急にメロディを思いつくことがあるので、iPhoneで鼻歌を録音することもありますよ!
ソングライティングに取り組んでいるうちに、作詞や作曲の面白さが分かるようになってきました。それもあり、自分が歌うだけではなく、作曲やプロデュースに専念して、誰かに歌ってもらうという道もいいなと思っています。とはいえ、まずはたくさん曲をつくって、ライブにも積極的に参加したいですね。ギター1本あれば出来るのがシンガーソングライターなので、路上ライブにも挑戦していきますよ!

表現する言葉が、なかなか出てこない。
いつも「なんかちょっと違う」
との戦いですよ(笑)。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    時間・約束は守る

  2. 02MYRULE

    礼儀やあいさつを忘れない

  3. 03MYRULE

    人との出会いを大切にする

わたしの宝物TREASURE

マイ楽器

マイ楽器

上京時に友だちからもらった手紙

GALLERY

藤 有紗のギャラリー

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京