ヒロト

PA&レコーディングコース

ESP STUDENT

SCROLL

ずっと心に残っていた、あの日の熱気。
火がつくのは一瞬だった。

PROFILE

ヒロト

Q高校時代の部活

バレーボール部

Q好きなアーティスト

L'Arc〜en〜Ciel

Q現在のアルバイト

スーパーの清掃

Q高田馬場の楽しみ方

ラーメン屋さん開拓

踏み出した1歩が、人生を変える。

僕の人生初ライブ観戦は中学生の時でした。友人のバンドが出演するからという、よくある理由で観に行ったんです。アマチュアのバンドが集まるイベントだったので、今思えば、お客さんは友だちばかり。それもあって、すごく盛り上がっていました。でも、その異様な空気感に「こんな世界があるのか」と感動したんです。
高校生になってから、先輩がライブハウスでアルバイトをしていた関係で、少しだけPA卓の前に立たせてもらったことがありました。決定打ではなかったかもしれませんが、その2つの出来事が、音楽業界を目指すきっかけになっていると思います。
ただ、すぐに心を決めたわけではありません。高校3年の夏までは、大学に進学するために勉強をしていました。でも、進路希望を取られると、毎回、備考欄に「音楽、音響関係」と書いていたのは覚えています。それに、それらを学べる学校の資料も取り寄せていたんです。その中1つがESP学園でした。そして、高校3年の夏休みが終わる頃の話です。PAコースのオープンキャンパスに参加したことが、人生の岐路であり、音楽業界に踏み出す決意をさせました。「自分が進むべき道はこれだ。ここなら、やりたいことが出来る」と確信したんです。地元の愛知に帰る新幹線の中で、もっと詳しく調べて、最終的にはレコーディングに使うソフト『Pro Tools』なども学べるPA&レコーディングコースへの入学を決めました。夏休み明けの初日に、担任に「進路を変えます。願書も出してきました」と伝えたんです。

オープンキャンパスに参加したことが、
人生の岐路であり、音楽業界に
踏み出す決意をさせました。

多くのチャンスを得るために、今はじっくり基礎を固めて。

ESP学園に入学する直前に、学園のスタッフの方と面談をする機会があります。その日に、ちょっとした事件が起こったんです。たまたま同じ日に面談に来ていた人と、楽器の話でいつの間にか意気投合。午前中に面談が終わったので、そのままご飯を食べに行きました。その人はドラムをやっていて、僕は中学からギターをやっています。帰りの新幹線が夕方だという話をしたら「じゃあ、スタジオでも入る?」ってなったんですよ。もちろん、2人とも楽器も持っていないので、全部レンタルをして。数時間前に出会った人と、音を出すのは新鮮で、とてもワクワクしましたね。その人とは、クラスは別々になりましたが、なんと今、一緒にバンドを組んでいます(笑)。
学校生活も楽しいですね。PAもレコーディングも学ぶコースに所属しているので、それぞれ週に1日ずつ、実習があります。入学当初は、ライブという2度とない一瞬を作り上げるPAに憧れていたのですが、最近は音作りを極めるレコーディングにも興味が湧いてきました。技術面はまだまだ未熟で、回数を重ねて経験を積まなくてはいけませんが、知識をインプットするのは得意なので、まずはそこをしっかりと固めたいですね。というのも、ESP学園には在校生や卒業生アーティストのレコーティングを、学生がお手伝いして行う『レンタルレコーディング』という制度があります。そこにエンジニアとして優先的に参加するためには、学校内の検定に合格していなければなりません。それも高いランクのものに合格していればしているほど、優先権が与えられます。なので、しっかりと知識を頭に入れて、実習や研修以外にも、技術を高める機会をたくさん獲得したいですね。PAやレコーディングという分野の就職の門の狭さは理解しているつもりですし、続けていけるのは一握りの人間だけだと思っています。でも、卒業生は多くの実績を残しているので、自分もそのひとりになれるように頑張りたいですね。

出演者がライブをして、
それを照らしている姿をそばで
観ていると、やっぱり感動します。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    朝ごはんを食べる

  2. 02MYRULE

    授業中は寝ない

  3. 03MYRULE

    授業中はたくさんの意見を言う

わたしの宝物TREASURE

エレキギター

アコースティックギター

初めて買ったアンプ

GALLERY

ヒロトのギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京