松本りん

PAコース

ESP STUDENT

SCROLL

PAであることに、誇りを持って。
怒られても、悔しくても、前を向け!

PROFILE

松本りん

Q高校の時の部活

箏曲部

Q音楽の道を志したのは

小学校の時

Q休日の過ごし方

映画の好きなところだけをリピート再生

Q音楽を聴くときのこだわり

イヤホンでは聴かない

成長するためには、切り替えも大切! へこんでなんかいられない!!

ESP学園のPAコースに入って感じたのは、「この仕事は生半可な気持ちでは続けられない」ということでした。まず、技術や知識はもちろんならが、むしろ“あいさつ”や“返事”といった礼儀を徹底的に叩き込まれます。さらに、現場での作業が多いので、声の大きさも必要になってきますね。だから、この1年半くらいで、普段の声まで大きくなってしまいました(笑)。要するに、強いメンタルを持つことが大切なんです。
また、照明などと同じく、個人的に練習をするというのが難しい分野でもあります。だからこそ、授業を100%の状態で受けるのはもちろんのこと、学校内で行われる企画ライブや外部の研修、オープンキャンパスなどに積極的に参加して、できるだけたくさんPA卓に触れることが成長へのカギとなるんです。講師の方々はとても厳しく、怒られることも多々ありますが、就職をして現場に出たら、まさにそういう環境に身を置くことになります。だから「今のうちから耐性をつけている」と、前向きに捉えるようになりました。怒られて凹んでいたとしても、その間も激が飛び続けるので、どんどん気持ちを切り替えていかないと、自分が苦しくなってきますからね(笑)
そもそも、現場のノウハウを教えてくださる講師の方々がいて、機材も経験を得るための環境もチャンスもある。そうなると、あとは自分が頑張るだけじゃないですか。たくさん怒られて、悔しい思いもして、でもその中から1%でもやりがいを見つける。そうすることで、今ここにいることをポジティブに変換するんです。「ここで辞めたら、東京に来た意味がない」「自分は何をするために、ここにいるのか」って常に自分に問いかけていますね。また、今ではアドバイスし合える友人も、辛いときに支え合えるクラスメイトもいます。2年になってからは、私を頼ってくれる後輩たちもできました。そして何より、たくさんのお金をかけて、ESP学園に通わせてくれた両親を思うと、ここで立ち止まってなんていられませんよね!

たくさん怒られて、悔しい思いもして、
でもその中から1%でも
やりがいを見つける。

些細な気付きと直感で、未知の世界に飛び込んだ!?

5歳くらいから高校を卒業するまで、音大への進学を目指して、ずっとピアノを習っていました。ただ、ある演奏会に出演したときに、ふと疑問に思ったことがあったんです。それは「私はなぜ、このステージで当たり前のように演奏ができるのか」、また「司会者のマイクや、ステージを照らしている照明は誰が準備しているのか」というもの。そして、裏で動いてくださる方々がいるからこそ成り立っていることに気がついたんです。それが、この道を目指すきっかけになりましたね。当時は「絶対にPAになりたい!」という思いがあったわけではありません。そもそも、どういう役割を果たす人なのかも分からないような状況でしたから。そんな時期にESP学園のオープンキャンパスに来たんです。案の定、何を言われているのか、まったくわかりませんでした(笑)。さらに先輩たちから「このコース、めちゃくちゃ厳しいよ」とも言われましたね。でも、直感的に「ここなら間違いない。しっかり学べる」と感じたんです。
最初は「PAってどうなっているのかを知りたい」という好奇心からのスタートだったかもしれません。それが、今ではPAであることを誇らしく思っています。世界中のどんな偉大なアーティストであっても、PAがいなければライブは成立しません。そう思いはじめたら「もう、やるしかない」って火がつきましたね。どんどん経験を積んで、技術を上げて、将来的には「誰が聴いても『良い!』と言える音を、毎回出せる」ようになりたいです!

世界中のどんな偉大な
アーティストであっても、
PAがいなければライブは成立しません。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    あいさつと返事は
    しっかりと

  2. 02MYRULE

    時間ギリギリの
    行動はしない!

  3. 03MYRULE

    イヤホンで
    音楽は聞かない

わたしの宝物TREASURE

彼氏から誕生日にもらった時計

自分へのご褒美に買った財布

支え合えるクラスメイトと友人

GALLERY

松本りんのギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京