浅川慧斗

音楽スタッフ総合コース

ESP STUDENT

SCROLL

画面を通して、届ける感動。
ここで見つけた、道を信じて!

PROFILE

浅川慧斗

Q高校時代のクラブ・委員会

軽音楽部

Q好きなアーティスト

B'z

Q現在のアルバイト

コンビニ

Q将来の夢

映像で人を感動させる

ステージでも、スタッフでもない、第3の選択肢。

高校で軽音楽部に入り、ドラムをはじめたことが、音楽業界を目指すきっかけでした。3年生の時には部長をやっていたのですが、部員が100人を超える規模だったので、ライブの企画や各バンドのセッティングなど、自分の演奏以外のことがとても大変でしたね。自身のバンドでは、大好きなB’zのコピーをはじめ、ONE OK ROCKやWANIMAなども演奏していました。しかも、そこで出会ったバンドメンバーの中には、ESP学園のアーティスト系の学科に進学した人もいるんです。それもあって、オープンキャンパスでは、僕もドラムコースに参加したこともありました。正直、進路を決めなくてはならないギリギリまで、ステージに立つ側か、裏で支える側か、すごく悩んでいたんです。でも、最終的にはさまざまなことが学べる音楽総合スタッフ科への入学を決意。そして授業の中で、動画制作に出会ったのが、人生の大きな転機だったと思います。入学当初は、プロダクションやレコード会社などへの就職も考えていました。でも、ある日、ライブを観に行って『100%、受信側でありたい』って強く思ったんです。だからこそ、動画制作への道に集中して向かうことができたのかもしれません。今は映像に関わるソフトやアプリの使用方法を積極的に学び、できるだけプロの世界でも即戦力として戦えるスキルを高めているところです。また、週に3日ほど、内定をいただいている、TV番組などの映像編集をするプロダクションでアルバイトもしています。まだ実際に番組の編集をすることはありませんが、学生のうちから現場を経験させてもらっているのは、とてもいい刺激になっていますね。とはいえ、学生最後の年でもあるので、悔いのないように、今しかできないことはやっておきたいと思っています。だから、B’zのライブには今年だけでも4回も行ったんですよ(笑)。グッズも、5万円分くらい買っちゃいました!

ある日、ライブを観に行って
『100%、受信側でありたい』って
強く思ったんです。

人を感動させる映像を、いつか、必ず!

明確に「こうなりたい!」とか「あの仕事に就きたい!」と思うようになったのは、ESP学園に入学してからでした。小さい頃は、将来の夢など考えたこともなく、毎日楽しいことをして過ごしたいと、ずっと思っていましたね(笑)。ただ、漠然とですが、人前に出て指示を出したり、目立ったりする人になりたいという願望があったんです。高校でバンドをはじめたこと、部長になったこと、そして今もコースのリーダーを担当していることは、その影響かもしれませんね。そして、最近では新しく夢もできました。それは、映像を通して、多くの人々に感動を与えて「すごい!」と言ってもらえるような作品を作ること。また、今の自分が好きだと思えるモノや人を、10年後も20年後も堂々と「好きだ」と言える自分でありたいと思っています。実は、今でもたまに「ステージに立ちたいな」って気持ちになることがあるんです。でも、スタッフ系の道に進んだことに少しも後悔はありません。その想いはずっとあっていいと思いますし、就職をした後、趣味としてバンド活動を続けるという方法もあります。音楽が、そして演奏が好きだからこそ生まれた感情だと思うので、これからも大切にしていきたいですね。

映像を通して、多くの人々に
感動を与えて「すごい!」と言って
もらえるような作品を作ること。

マイルールMY RULE

  1. 01MYRULE

    ライブにはお金を惜しまない!

  2. 02MYRULE

    コンビニの店員には
    優しくする!

  3. 03MYRULE

    理不尽な思いをしても、
    人を恨まない!

わたしの宝物TREASURE

B’zのCDとグッズ

B’zのサイン

CDコンポ
(CDは開封したらまずは1回コンポで通して聴く)

GALLERY

浅川慧斗のギャラリー

COURSE

学科から探す

ESP ENTERTAINMENT
TOKYO

専門学校ESPエンタテインメント東京