理想のギターを追い求めて。

左:ギタークラフト科教務 木村友哉先生
右:ギタークラフト科3年制 ギター製作専攻2年 西村楓さん

中学時代からギターを作ることに興味があった西村楓さん。担任制度が設けられているギタークラフト科では、どのように授業が行われているのでしょうか?ESP学園卒業生でもある担任の木村友哉先生との対談をお届けします。

ESP学園での生活

―まずはギタークラフト科を選んだ理由を教えてください!

西村:地元の長野でお世話になっていた楽器屋さんの方がESP学園の卒業生で、話を聞き始めたのがきっかけでした。認可を受けている専門学校で、毎日ギター製作作業を行いながらそれを極められるのはここしかないと思って入学を決めました。

木村:しっかりとした設備のもとで学べるというのもこの学校の大きな強みですよね。ちなみにその卒業生は僕の同級生でもあったので、すごい繋がりだなと…。西村くんが体験授業に来るときにも連絡は貰っていましたし、入学してすぐに「あの子だ!」となりました(笑) 

西:僕もどんな先生かなとワクワクしながら体験授業に参加しました!当時はもちろん初心者で何も分からない状態だったのですが、ギターのネックを削るところから塗装まで、本格的な作業を分かりやすく教えてくださったことをよく覚えています。

―入学してみてギャップを感じたことや大変だったことはありますか?

西:製作中の作業の一つが1ミリずれるだけで、作品のすべてが変わってくることを実感しました。もちろん、細かい作業があることも分かっていて、「大変なんだろうな」とは思っていたのですが、実際に作って身にしみて感じましたね。特に、塗装前に楽器の表面を平らに整える生地調整という工程は今でも苦手です。

:僕もこの学校のアンプ・エフェクター専攻を卒業したので、大変な気持ちはすごくわかりますね。見た目のデザイン性はもちろんですが、弾きやすいギターにするための細かい大切な作業もたくさんあるので、そういった部分は僕も苦手でした。

日々の成長の秘訣は…?

―ギタークラフト科では担任制度があるとのことですが、実際の授業の様子やメリットを教えてください!

:月~金曜日の5日間、必ず教室にいて授業を教えています。中学校や高校では教科によって先生が変わるのがほとんどだと思うんですけど、ギタークラフト科では1クラスに必ず担任と副担任がいて毎日一緒に授業を教えています。一人一人と向き合う時間が長い分、それぞれの得意な部分、苦手な部分を把握できますし、学生との距離感も自然と縮まります。

西:僕の場合は1年生の時も木村先生が担任だったので、2年生でも安心して授業を受けられました。今年はコロナの影響で担任発表も学校のメールを使用して行われたんですけど、家で表を見た瞬間、「やった!木村先生だ!」って思いました。授業以外でも、進路のことや私生活の悩みも聞いてもらえて頼りになる先生です。あとはおすすめのラーメン屋さんの情報も聞いています!

:学生時代から高田馬場に通っているからこその情報です(笑)勉強はもちろん大切ですが、授業以外の時間も含めて楽しく学校に通ってほしいですからね!

―お話を聞いていて普段から仲がよさそうなお二人ですが、これまでに何か印象的な出来事はありましたか?

西:作業中にミスをしてしまったときに、すぐに解決策を教えてくださったことです。特に、塗装後の磨きの作業で表面に傷をつけてしまった時は焦りましたが、木村先生に相談すると使うべきサンドペーパーの番手をすぐに答えてくださって無事に完成させることができました。

:僕も学生時代はそうでしたが、ミスをしない人なんていないのでその都度一緒に考えながら授業を進めるようにしています。西村くんのことは1年生の時から見ているけど、作業のスピードや理解度はかなりついてきたと思うよ!

西:ありがとうございます!今でもミスしてしまうことや苦手なことはあるのですが、この3年間で自分の理想の作品を作れるように頑張ります!

ギター製作にかける思い

―現在製作中のギターについて、こだわりなどもあれば教えてください!

西:今はフラットトップモデルのアコースティックギターを作っています。オリジナリティを出すために試行錯誤中で、今はヘッドトップのインレイと呼ばれる飾りを好きな形に削ってはめ込もうとしているところです。サウンドホールの周りにも装飾をしたいので、自分好みのものを購入しました!作品に合う木材やパーツ、売っている場所も木村先生に相談して、一緒に製作しているイメージですね。

:基本的な木材やパーツの費用は学費に含まれていますが、自分の理想のギターやベースを作りたい!という気持ちから装飾品や木材を購入する学生も少なくないです。いろんなメーカーからどんどん新しいモデルが出ているので、その時々の流行やそれぞれの好みでできあがる作品が変わってきます。僕が学生の頃にはなかったものもあるので、僕自身勉強になることも多いです!

―最後にこれを読んでいる方へメッセージをお願いします!

西:ギター製作はほとんどの人が未経験から始まるので、最初はできなくて当たり前です。でもESP学園に入学すれば、できなかったことができるようになります。「不器用だから。」とか「できないかも」などと思って諦めているそこのあなた!勇気を出してまずはオープンキャンパスに来てみてください!絶対後悔はさせません!

:心強い言葉ですね。ギターやベースにはいろいろな種類があるので、今持っている楽器のここをこうしたい!という気持ちもさまざまだと思います。それを形にできるのがこの学校の良いところ。作業が進むうちに難しいことも必ず出てきますが、そこを乗り越えれば最高のオリジナルギターがつくれること間違いなしです!

対談実施:2021年5月