音楽・芸能と楽器の専門学校
ESPエンタテインメント東京

2022年度AO入学エントリー 資格取得 特別サイト

管楽器リペア科

管楽器リペア技術を中心に、商品知識や金属加工技術などを学ぶことで、修理、販売、製造などの楽器業界で活躍できる技術と知識を身につけます。

管楽器リペア科の特長

  • 特長 1

    修理実習

    授業の約8割を占める修理実習では、木管楽器と金管楽器の計6種を決められた期間内で毎日修理することをくり返し、技術力と実践力を養います。

  • 特長 2

    学販授業

    学校販売や総合楽器店への進路を見据え、打楽器の調整方法や商品知識、鍵盤ハーモニカや和楽器、ギターなどの教育楽器知識を学びます。

  • 特長 3

    実習用の楽器が500本以上

    木管楽器、金管楽器リペア用の楽器はひとり1本使って実習します。打楽器もさまざまな楽器を数多くそろえています。

  • 特長 4

    現場実習

    学生の実地研修の場として、近隣の高校などを訪問して吹奏楽部の楽器メンテナンスを実施しています。コミュニケーションを取りながらリペアをしていきます。

  • 特長 5

    工場見学

    工場見学では、楽器の製造過程だけでなく、技術者の楽器に込めた想いを感じ取ります。また、就職進路の選択にも役立てます。

  • 特長 6

    企業セミナー

    販売店やメーカーなどの企業セミナーを学内で開催し、現場で働くプロの方々の生の声を聞くことができます。

コース紹介

1年次は全員が「管楽器リペアコース」で管楽器の基礎知識、技術を学びます。
2年次は「管楽器リペアコース」「管楽器/打楽器コース」のどちらかを選択して、それぞれの希望進路に向けてより専門的に技術を磨きます。

コース選択

目指す就職先を考えてコース選択をします。
管楽器リペアコースは、管楽器リペア技術と管楽器商品知識などの楽器知識を習得します。
修理工房でのリペア、楽器店でのリペア、販売営業、楽器工場などを進路に考えている学生が多いです。

管楽器/打楽器コースは、管楽器リペア技術、打楽器の調整と楽器知識、管楽器商品知識や教育楽器知識を習得します。
店頭販売員、学校販売員、楽器店でのリペアなど、主に楽器店を進路に考えている学生が多いです。

コースによって進路が限定されるわけではありません。就職のために学校で何を学んで、どのようにいかすかを1年次の間に考えてコース選択をします。

授業時間など

1日の授業は半日で午前9:30~12:45、午後13:30~16:45のどちらかのクラスで学びます。
月曜から金曜が授業日で、土曜日授業も時々あります。

授業の特長

管楽器リペアコースと
管楽器/打楽器コースのどちらも
管楽器修理実習が授業の中心になります。

※科目の詳細はシラバスを参照してください。

木管楽器リペアと金管楽器リペアはどちらのコースも同じ内容を作業します。木管楽器はフルート、クラリネット、サックスを、金管楽器はトランペット、トロンボーン、ホルンの6種類の楽器で修理を学びます。楽器の取リ扱いから始め、楽器に少しずつ慣れるように授業を進めて、初めてでも安心して受けられるようにしています。1年次は基礎作業が中心で、2年次では応用作業を学び、楽器店でお客様の修理オーダーに応えられるように実践的な授業を行っています。先生1~2人で授業を担当し、ひとりひとリに合わせて指導しています。
リペア実習のほかには「管楽器商品知識」の講義もあり、メーカーごとの楽器の特徴などを学び、販売や修理にいかせる知識になります。

管楽器/打楽器コースは管楽器リペアコースより「管楽器リペア実習」がおよそ1割少なく、その代わりに「打楽器基礎知識」(打楽器の商品知識講義)や「打楽器調整」(調整実習)、「学販商品知識」(管楽器以外の教育楽器の商品知織)を学びます。就職進路で学校販売を選ぶときに役立つ知識を学べます。

リペア授業の中には初心者向けの楽器レッスンもあり、楽器の調整具合を吹いて検査できるように練習します。
楽器演奏の授業「アンサンブル」は選択授業です。ウインドアンサンブル(吹奏楽)、ビッグバンド、室内楽(金管、木管アンサンブル)を週1コマ選択できます。

定期試験

前期末、後期末に定期試験があります。定期試験では講義科目の筆記試験を行います。実習科目(修理)は定期試験を行わず、調整した楽器などの課題提出結果と作業課程を評価します。

学費以外の費用について

修理実習で使用する楽器やパーツ類、個人工具は学費に含まれています。
学費以外の費用については、修理実習に必要な消耗品(綿棒・パイプクリーナー・ジッポーオイルなど、年間¥3,000程度)、希望制の研修費として企業見学での交通費、ヤマハ工場見学研修旅行(1泊2日約¥30,000)、NAMM Show視察ツアー(7泊9日約¥200,000)があります。定期試験の不合格者は再試験料金が必要になります。

年間イベント

  • 企業セミナー メーカーや楽器店の方を招いて、楽器や仕事についての講義や修理実演などを行う。
  • 企業見学 修理工房の見学など(就職希望者で実施)
  • 工場見学 フルート製造工場の見学(就職希望者で実施)
  • 静岡ヤマハ工場見学研修 ヤマハ管楽器工場見学と浜松楽器博物館見学(希望者で実施:1泊2日)
  • 楽器フェア見学(隔年) 日本最大の楽器展示会
  • NAMM Show視察ツアー(希望者で実施) 世界最大規模の楽器展示会
  • アンサンブル授業演奏会(アンサンブル授業選択者の発表会)

教室・スタジオレンタル

空き教室で修理の自習作業ができます。(日程限定、予約定員制)
空きスタジオで楽器演奏の練習ができます。(日程限定、予約定員制)

就職サポート

就職支援専門のキャリアサポートセクションとクラス担任とで就職をバックアップします。
授業として楽器業界の仕組みや仕事の種類の解説、履歴書の書き方やマナー講座などを行うほか、個別面談での進路指導や、企業から寄せられる求人情報の紹介から面接対策まで、それぞれの適正に合わせて個別にサポートします。

就職実績(過去含む)

全国からの求人情報があります。楽器業界は良い人材を求めています。

製造
(株)アルタス(長野)、宮澤フルート製造(株)(長野)、(株)村松フルート製作所(埼玉)、柳澤管楽器(株)(東京)、(株)ヤマハミュージックマニュファクチュアリング(静岡)など
楽器店販売
(株)池部楽器店、(株)石橋楽器店、(株)黒澤楽器店、島村楽器(株)、(株)下倉楽器、(株)宮地商会、(株)山野楽器、(株)ヤマハミュージックリテイリングなど
修理工房・楽器店修理
(株)ウインズ(埼玉)、(株)STY(東京・大阪)、島村楽器(株)(千葉)、(株)下倉楽器(東京)、(株)ドルチェ楽器(東京)、㈲ミルズ(埼玉)など

内容をご理解いただいた方は
AOエントリー資格取得入力フォームを
クリックしてください。