音楽・芸能と楽器の専門学校
ESPエンタテインメント東京

お問い合わせ
0120-37-6986

ESPは世界のブランド

それは1本のギターづくりから始まった

1975年2月、世界中のミュージシャンのために、本物の「音」にこだわったギターを作りたいという想いからESPが発足。ESPの歴史はここからスタートしました。その後、長年にわたり音楽・エンタテインメントの中心で、常に業界をリードできる人材の育成に力を注いできました。「一人でも多くの人に音楽・エンタテインメントを愛してほしい」願いはずっと変わることはありません。

理事長のごあいさつ

「誰もが光る原石である」という信念が学生との緊密な関係を生む

学校法人イーエスピー学園理事長 渋谷 妙子

昨今、無気力な若者が多いといわれていますが、彼らが興味を持てる切り口から自立の道へ目を向けさせるのが、私たちの大きなテーマだと考えます。そのために、学生の創意工夫の精神に火をつけ、自分で問題を解決できる力を養う、実践的かつ楽しい授業を心がけています。
目前の問題を自力で解決、または自分で考えたことを成功させることは、学生たちの“大きな自信”につながります。自信は自立への大切な要素となるのです。また学生と教職員との緊密な関係を作りあげることで、学生たちの微妙な心の動きを見逃さないようにしています。学生と教職員との関係は卒業後も続くケースが多々あり、卒業生が遊びにくる、ESP学園の先生になる、ということも珍しくありません。

学生にはひとりひとり個性があります。その数だけ夢の形もあるはずです。私たちは、学生それぞれの夢を描く力を伸ばす手助けをし、自分らしい輝きを放つまで、全エネルギーを彼らの成長に注ぎ込みます。これは「誰もが光る原石である」というESP学園のコンセプト=信念に基づくものです。私たちが最も恐れるのは夢を叶えられないことではなく、夢がない、夢を持てないことです。夢を育て成長し巣立っていっても、ESP学園を人生の「止まり木」にしてもらえたらと思います。

ヒストリー

1975年 2月 ギターリペア講習会開催。
1983年 4月 (株)ESPのバックアップにより、ギタークラフトマン、リペアマン養成を目的とする
「日本ギター製作学院」(1年制)を設立。
1984年 4月 第1期卒業生を対象に研究科を設置、開講。ポップ・ミュージック分野のプレイヤー養成を目的とする
「日本創作音学院」(2年制)を設立。
1985年 4月 ピアノ調律技術者、管楽器リペア技術者の養成を目的とする「日本ピアノ調律師養成学院」(1年制)を設立。
同時に上記3校を組織化し、「ESPミュージカルアカデミーグループ」とする。
  10月 「楽器フェア」に「日本ギター製作学院」学生作品を初めて出品。
以後毎回出品を続ける。
1986年 3月 東京都新宿区下落合に1号館完成。
「日本ギター製作学院」と「日本ピアノ調律師養成学院」を移転。
1987年 2月 上記両校を合併し「専門学校ESPミュージカルアカデミー」として専修学校の設置申請。
同時に「ESP学園」として学校法人を設立申請。
ともに認可され、この分野初の学校法人認可校となる。
2000年 2月 文部大臣(現文部科学大臣)告示により、1999年度卒業生から「専門士」の称号が付与される。
2004年 6月 12号館、ホール完成。13号館完成。
2005年 4月 大阪・梅田に総合エンタテインメント専門学校「ESPエンタテインメント」開校。
東京・原宿にダンスと声優の専門学校「原宿パフォーマンスビレッジ」開校。
2006年 4月 原宿パフォーマンスビレッジ2号館完成。
2007年 4月 「原宿パフォーマンスビレッジ」を「ESPパフォーマンスビレッジ」に校名変更。
ESPエンタテインメント本館完成。
2013年 4月 「ESPパフォーマンスビレッジ」を「ESPアニメーション声優専門学校」に校名変更。
2015年 7月 14号館完成。
2016年 8月 15号館完成。
2017年 1月 福岡県に総合エンタテインメントの専門学校「ESPエンタテインメント福岡」開校認可申請。
※2018年4月開校予定
  2月 ESP学園創立30周年。
2018年 4月 「ESPミュージカルアカデミー」から
「ESPエンタテインメント東京」に校名変更予定。

学校法人イーエスピー学園

専門学校ESPエンタテインメント東京
(2018年4月専門学校ESPミュージカルアカデミーより校名変更予定)

入学事務局(本館)

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-3-19
(JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線・高田馬場駅下車、徒歩3分)

0120-37-6986