音楽・芸能・声優の専門学校
ESPエンタテインメント福岡
(認可申請中)

学費サポート

※2017年9月現在、予定となっております。

本校では、学費納入における経済的負担への補助を目的として、下記のような各種サポート制度を用意しています。
詳しくは各窓口または本校入学事務局までお気軽にお問い合わせください。

日本政策金融公庫(国の教育ローン)

金利が低く、返済期間も長めに設定できる公的な融資制度です。通常は、手続きに1カ月ほどかかるため、ご希望の場合は、なるべく早めにお申し込みください。

融資金額 学生ひとりにつき350万円以内
金利 年1.81%(平成29年6月現在)
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、または、母子・父子家庭の方は18年以内)
元金据置期間 在学期間中に限り、金利のみのお支払いが可能
返済方法 毎月元利均等返済
保証 連帯保証人1名以上または(公財)教育資金融資保証基金
※(公財)教育資金融資保証基金は、連帯保証人に代わって融資の保証をする機関です(保証料が発生します)。
お申し込み窓口 インターネット・郵送、または日本政策金融公庫各支店(全国152店舗)、および銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協(約39,000店舗)
お問い合わせ先 日本政策金融公庫 国民生活事業部 教育ローンコールセンター
0570-008656 
もしくは 03-5321-8656
ホームページ申し込み窓口:
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

※国の教育ローン等は審査に時間がかかります。お申込みをされる場合は、この通知が届き次第、すぐに手続きを行うようにしてください。

金融機関の提携ローン

下記3社は、イーエスピー学園との提携により、一般的な信販会社の学費ローンと比べて、(1)金利が低い(2)原則として保証人が不要で審査が早い(3)お申し込み窓口が本校入学事務局または下記バナーより申し込みが可能など、手続き面その他において簡易になっています。

ローンの種類 (株)オリエント (株)ジャックス (株)セディナ
ご利用いただける方 在学される方の保護者 在学される方の保護者 在学される方の保護者
融資額 1年間に必要な学費金額まで 1年間に必要な学費金額まで 1年間に必要な学費金額まで
金利 3.50%
※金利は変動する場合があります。
3.50%
※金利は変動する場合があります。
3.50%
※金利は変動する場合があります。
融資期間 設定返済金額により変動 6回~ 120回(最長10年間) 6回~ 120回(最長10年間)
元金据置期間 在学期間以内
※但し、据置期間内も
金利の支払いはあります。
在学期間以内
※但し、据置期間内も
金利の支払いはあります。
在学期間以内
※但し、据置期間内も
金利の支払いはあります。
返済方法 通常分割返済
ステップアップ返済
毎月元利均等返済
ボーナス併用返済
毎月元利均等返済
ボーナス併用返済
お使いみち 1・2年次学費
(学費以外には
ご利用できません)
1・2年次学費
(学費以外には
ご利用できません)
1・2年次学費
(学費以外には
ご利用できません)
保証 原則不要 原則不要 原則不要
お申し込み・
お問い合わせ窓口
お問い合わせ窓口(0120-517-325) お問い合わせ窓口(0120-338-817) お問い合わせ窓口(0120-293-909)

日本学生支援機構奨学金制度

○貸与型

日本学生支援機構奨学金制度には、「予約採用」と「在学採用」の2つの採用方法があります。本校では高校3年生時に在学校にて申し込み、採用された場合、入学後から確実に貸与を受けることができる「予約採用」をおすすめしています。なお、「在学採用」は入学後に新規で申し込むため、定員の都合上採用されない場合もあります。

※予約採用の受付期間(平成28年度高校3年生時の例)
第1回目:4月~6月、第2回目:10月下旬

※高校によって期間が異なったり、1回目のみの募集という場合もありますので、
奨学金の貸与を希望・検討されている方は、早めに担任や進路指導の先生にご確認ください。

※高等学校新卒者以外でご希望の方は入学事務局にご相談ください。

●貸与される月額

  自宅通学者 自宅外通学者
第一種奨学金【無利子】 月額30,000円または53,000円 月額30,000円または60,000円
第二種奨学金【有利子】 月額30,000円、 50,000円、 80,000円、100,000円、120,000円 より選択

※家庭の経済状況による選考があります。

●貸与期間

貸与開始の年月から卒業までの最短修業期間

●保証

人的保証(連帯保証人および保証人)または機関保証(財団法人日本国際教育支援協会)のいずれかを選択

●返還

貸与の終了(卒業)した月の翌月から起算して6カ月経過後から返済開始となります。
貸与総額によって最長20年以内で返還する必要があります。

※奨学金は第一種奨学金、第二種奨学金ともに、奨学生本人の金融機関の口座に毎月振り込まれます。いずれも貸与開始は本校入学後となりますので、入学手続き時の学費としてご利用いただくことはできません。
ただし、予約採用決定の方で、入学時特別増額貸与奨学金(10万円~50万円で設定)をお申し込みの方については労働金庫での審査の後、入学前にこの増額貸与分の貸付を受けられる制度があります。

○給付型

平成30年度に本校への入学を希望している高等学校新卒者を対象とし、高校での成績などが特に優れ、住民税非課税世帯、または、社会的養護を必要とする方を対象とした給付型の奨学金制度です。申し込みや採用における審査は出身高校にて行うので、各高校へ直接お問い合わせください。

●給付される月額

自宅通学者:30,000円

自宅外通学者:40,000円

その他奨学金

○公益財団法人 交通遺児育英会(貸与型)

交通遺児に対する奨学金制度です。条件面では上記日本学生支援機構の第一種と同様ですが、学力面での条件がありません。また寮を所有しており、奨学金の貸与を受けていなくても申込資格がある人は入寮申請が出来ます。
他奨学金との併用可。
URL:http://www.kotsuiji.com/

○あしなが育英会(貸与型)

自動車事故以外で保護者を亡くしたり、重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちの為の奨学金制度です。
他奨学金制度との併用可。
URL:http://www.ashinaga.org/

○(各都道府県)母子・父子・寡婦福祉資金(貸与型)

母子家庭・父子家庭に対して貸与を行う制度です。
他奨学金制度との併用原則不可。
各都道府県・市区町村にお問い合わせ下さい。

○地方奨学金制度

各地方で行っている奨学金制度(給付型・貸与型)を紹介しています。
下記をクリックすると検索窓が現れますので、こちらで検索してください。

※2016年度現在の内容です。
変更されている場合もありますので、詳細は各地方の奨学事業団体担当者へお問い合わせ下さい。

新聞奨学生制度

働きながら学びたいという意欲のある方のために、日本経済新聞、読売新聞、産経新聞、朝日新聞、毎日新聞の各新聞奨学会では、奨学生制度を設けています。各奨学会によって待遇や条件などが異なりますので、下記より資料請求のうえ、検討されることをおすすめします。また各奨学会とも、定員に達し次第締め切りとなりますので、あらかじめご了承ください。

おもな新聞奨学会

日本経済新聞 日本経済新聞西部育英奨学会 0120-45-0020
毎日新聞 毎日育英会福岡事務局 0120-198-151

※各奨学会とも、定員に達し次第締め切りとなります。
※新聞奨学生制度の詳しい資料を希望する場合は、各新聞奨学会(上記)までご請求ください。

イーエスピー学園卒業生・在校生兄弟姉妹特別奨学生制度

イーエスピー学園卒業生の子女または兄弟姉妹、在校生の兄弟姉妹が入学する場合、入学後の申請により奨学金の支給を行います。具体的な手続きにつきましては合格後、ご本人様より入学事務局へご連絡いただいた後、ご案内させていただきます。

対象者:イーエスピー学園の卒業生の子女または兄弟姉妹・イーエスピー学園に兄弟姉妹が在学している方
金額:100,000円

学校法人イーエスピー学園

専門学校
ESPエンタテインメント福岡
(認可申請中)

〒810-0073
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目
(地下鉄空港線赤坂駅から徒歩3分)

※校舎完成が2017年12月予定のため、完成までは入学準備室を赤坂駅付近に設置

0120-37-6090